新着Pick
4Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本が国益をかなえるためには米国と意思の疎通を図らなければなりません、と言い続けていますが、日本も米国の考え方を理解しておく必要があります。米国と中国の大国間のゲームを意識すると言った方が正確かもしれません。
米国にとって、北朝鮮の核兵器は問題ではありますが、最優先ではありません。最も重要な問題は、「中国の台頭」にどのように対処するかです。北朝鮮の核兵器開発問題は、中国にとって、米国に譲歩できる数少ないカードの1枚ではありますが、米国にとっても、逆にそのカードを無効にして中国に圧力をかけられるという意味で、対中交渉カードになっていると言えます。
北朝鮮は、中国の交渉カードにされることに怒り、これを嫌がって、韓国を利用して米朝首脳会談に持ち込みました。米国と一対一で交渉しようというのです。しかし、首脳会談前の事前協議等で米国の強い態度に危機感を覚えた金正恩委員長は、結局、もう一度、中国の後ろ盾をお願いすることになりました。
米国と中国が見る北朝鮮問題と、日本や韓国が見る北朝鮮問題は、違った見え方をしているのではないかと思います。
トランプ大統領は、米朝首脳会談の実施が、中国の北朝鮮カードを無効にすると考えているでしょう。中国は、自らの影響力をもって北朝鮮に核兵器の放棄を促す状況を作りたいでしょう。それでこそ、対米カードになり得るからです。
日本は、米中の大国間のゲームに直接参加することはできませんが、米国のプレイを理解して、その中で、日本の利益を確保していく必要があると思います。