新着Pick
329Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
(埼玉など)郊外都市の人間は通勤に時間が取られており、(新潟など)地方中核都市へ移動させたほうが良い、というのは面白いと思いつつ、「そんなことするより郊外都市にビジネス(生産)機能作ったほうが早くないか?」とも思いました。実際、そうなりつつあるところもありますし。

あと、過疎が進んだ地方の村を閉じる、というのは本当にそろそろ社会全体のイシュー化しないといけないですよね。住んでる方の感情によるところも大きいですが。防災コストとか生活インフラの維持コストは明らかに高い。「村を閉じる」ことと、「そこで培われている人のネットワークは温存する」がうまく噛み合えば理想ですが。。。

=======================
(この部分は最近、考えていたことに近かったので非常に面白かった。)

表現は良くありませんが、地方にいてもいなくても生産高に影響のない人を経済学用語で偽装失業者と呼んだりします。彼らが、沿岸工業地帯に出てくると、何らかのモノを新たに生み出せるということです。
すると農業の生産は落ちないのに、他の生産は上がるため、日本全体の生産性が上がります。一橋大学の南亮進先生のグループによると、日本では1960年代半ばまではこのようなルイス的成長のプロセスだったそうです。
中国では今、この古典的成長を中国経済がいつ終えたのかがホットな話題となっています。2000年代半ばで終わったとされますが、まだ終わっていないという議論もあります。
生産性を論理的にブレークダウンしていくと、確かに「通勤時間を減らす」ことと、「社外の人との出会いを促進して新しいアイデアを増やす」などに行き着くのは納得です。

限界集落からの移動や、東京圏から地方中核都市への移動などはいろいろな障壁があると思いますが、まず東京にある会社として自分たちでできることを考えてみたいと思います。

・近隣住居手当を出すことで社員の平均通勤時間を減らす
・退社時間を早めに設定して平日夜でも社外とのネットワーキングできるようにする、

などがあるなと思い、弊社ではどちらもある程度実践しているのですが、改めてオフィスの立地も大事だなと感じます。独身の人が多いうちは考えませんでしたが家族がいる人が増えてくると、都心にオフィスがあると近隣住まいは難しくなります。
まあそれができないから停滞するわけだ。
限界集落や大都市から中核都市への人の移動が、経済成長を促すとの指摘に賛成します。
一方で、お年寄りが住み慣れた町を離れるのは本当に難しい。原発事故で避難を強いられた町の支援を行ってきた経験からつくづく実感しています。
移動の機会がある、若手~中堅世代が地方都市にキャリアアップして移動することが第一歩だと感じています。
経済成長という観点からすれば、大都市圏への人口集中と、地方中核都市への人口集中は、非常に理にかなっていると思います。ただ、インセンティブだけではなかなかヒトは移動しないのが難しいところ。コンパクトシティが成功しないのも、ヒトの移動が非常に難しいからです。
個人が持ち味や強みを発揮できる環境に行くことはたいへん重要なことだと考えています。能力が発揮できれば役に立つ。役に立つと個人は嬉しい。役に立つと受け入れ側の生産性が上がる。世の中の好循環は適材適所にあると思う。

以下引用
“「人の発揮する能力=生産性」は、その個人の能力が変わらなくても、ポジションが変わっただけで、結果として発揮されるパフォーマンスは変化することが多々あります。ここが重要なポイントです”
タイトルが素敵ですね〜。
人の移動、はたまた会社とか拠点の出現で経済成長が促されたり、生産性が上がったりなどありますからね。会社の移動でその土地に独自の経済が生まれるみたいな話を先輩がしていて、いいなぁと思いました。
中国の2000-2010年までの成長の大きな部分は農村部から都市への移住による効果(ルイス的成長)というレポートをいくつか見たことがあります。

ポイントは、日本と違って人口が多く、省ごとの敷居が高い中国では、地方都市が強く、東京一極集中のような構図ではなく、500万人以上の規模の都市が数十もあることです。
かつ、まだ統計上は農村部居住者が5億を越えるので、まだまだルイス的成長ポテンシャルがあると言えます。

日本も東京/大阪以外に地方都市人口500万人都市が5個以上のような人口構成になれば、生産性は大幅に上がる可能性があると思います。

ポイントは、地方都市ごとの自治権の拡大。
特に税制度の差別化余地を上げることが重要で、中国でも各都市が重点産業(各都市異なる)に税制メリットをきかせることで差別化しています。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。