新着Pick
245Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
執筆を担当しました。昨日昼頃の「ゴールデンゲインが破産したらしい」との一報を受けて各メンバーが取材に動き、さまざまなルートをたどって破産の事実を確認。午後3時に倒産速報をリリース後に、急きょ本記事をまとめました。

スマートデイズの経営破綻から1カ月半あまり。2社目となるシェアハウス倒産を振り返ります。まだまだ「スマートデイズ問題=シェアハウス問題=スルガ銀行融資問題」は収束の気配が見えません。引き続き事実を追いかけていきます!
一連の事件で勘違いされたくないのはサブリースが悪いわけでもシェアハウスが悪いわけでもない。

単純にこの2社が詐欺的なサブリース料設定でなかば銀行とグルとなって投資資金を提供したことが問題。

世の中に普通に回るサブリースはたくさんあるわけですから、変な誤解のないようにしたいですね。
シェアハウスのサブリース問題をめぐって、「かぼちゃの馬車」を手掛けるスマートデイズに続く2社目の倒産が起きました。

帝国データバンクによる本連載では2社目の倒産の可能性をすでに指摘していましたが、まさにそうした懸念が現実のものとなった格好です。

投資していた多くの人々に融資を実施していたスルガ銀行の調査も公表されましたが、今回はその中身とともに第二の倒産をレポートします。
こんなんインチキってわからんもんなのかなあ。
サブリースはもともと非常にリスクが高い契約ですから、契約する方は弁護士に相談するなど慎重な姿勢が必要です。
"今後は、今年8月が目処といわれるスルガ銀行の「第三者委員会」による調査結果の公表が控えている。"
これだけ問題になっているにも関わらずスルガ銀行側へのインパクトは現段階ではあまりないかもしれません。時価総額は最盛期から半減したとはいえ、3000億円もあります。
最初から理屈が通らないのを投資する側がわからないのか。一度よく考えてからと毎回思います。
シェアハウス 言葉は新しくても、本質は長屋とかわりないの。ニーズはそんなに急に広がらないし乱立させたら分散して再三取れないのは火を見るより明らか

では、スルガ銀行がなぜそんなリスクを負う状況になったのか、まだ真因がわからないため調査委員会の結果を待ちたいと思います。
サブリースの問題って、空室でも賃料収入が入る機能と、シェアハウスという部分の問題が全体に波及する仕組み、どの相性が悪いことなのかも?
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル倒産連載。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。