新着Pick
219Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、いろんな意味で難しい問題です。ステマは、その悪質さに大きな濃淡があります。商品に好感して、それをSNSでシェアして、お小遣いが入ることは何も悪いことではないと思います。デジタル社会が私たちにもたらした果実とも言えます。しかし、それがお金儲けのために、と目的が変わると意味が違ってきます。そして、その境目を見抜くのは至難のワザです。私もインスタグラムのフォロワーが500人を超えた頃から、口コミ投稿アルバイトの誘いを受けるようになりました。この対策に奇策はありません。業界が自らを鍛え続けること、ユーザーがリテラシーを高めること、広告明示のモラルを共有すること。地道な取り組みが求められます。
ECサイトでもたまに問題になりますね。こういうのは発信者のモラルに頼るしかない。しかし、研究レベルでは「本当にこの人この商品・サービスを利用した上で書いてる?」ということを判別する技術も開発されています。

Ferreting Out Fake Reviews Online - The New York Times
https://www.nytimes.com/2011/08/20/technology/finding-fake-reviews-online.html
インフルエンサーマーケティングという言葉はもう少し丁寧に使っていきたい。一歩間違えるとステルスマーケティングになってしまう事例は多いのではないでしょうか?

アフィリエイトに限らず、広告コンテンツの訴求には誘導が含まれてしまうもの。
ただ、一方的な主張と誘導ではユーザーが動かなくなってきているのも事実。