新着Pick
229Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ニューヨーク大学のナシーム・ニコラス・タレブは著書の中で、「脆さ」を「変動性を好まないもの」と定義している」とあるが、その通りだ。

大切なことは、環境が変化する中で、求められるものは何なのかを明らかにすること。そして、求められるものを自分が提供することである。言い換えると、新刊『教わる力』
https://www.amazon.co.jp/dp/4799322664
でも述べているが、環境変化から、「教わる力」を鍛えることだ。

今までのルールで成功していると、環境変化に却って対応しづらくなることがある。上位概念は、環境、その変化から「教わる力」がビジネスパーソンの必須スキルである。
安定とは安定した会社に勤めていることではなく、自身の実力を付けること。自身の実力とは何か?とすると顧客を上司や会社に認められることではなく、市場・顧客に適応する力をつけることなんだと思います。多くの方がキャリア形成において考える視点でしょうし、そのプロセスとして自身にどの程度の負荷をかけるかは自己選択すべきですね。
スナップショットで見たときは社会的強者でも、スキルの積分値でみたら大したことない(転職スキルにはならない)てことですね
誰が、大企業に勤めるサラリーマンが弱者だなんていったのか
以下が出来ない人間が、外界に出て何が出来る?

「説明がわかりにくい」
「資料が的を射ていない」
「説得力に欠ける」
「自主性がない」

自己実現会社の低さの逃道を会社の外に求める啓蒙活動は、聞けば聞くほど矛盾だらけで虚しく哀れなものばかりだ。
そろそろ、尊大な虚栄心を捨てたらどうかね。