新着Pick
168Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
折りたたみスマホのプロトタイプは、サムスンが「Youm」という名で出したのが2013年。そこから実用化まで丸5年。
いま考えている夢のようなことも、5年後には実用化できる可能性があると思うと、テンション上がる。
いまのところまだイロモノ扱いの折りたたみ式スマホ。これが2020年には90万台になってそれ以降は拡大していくと。折りたたみ回帰になるのでしょうか。
これは需要あるでしょう。個人的にもとても興味あるし、買いそうな予感。
ゲームのアイデアが止まらない
どういうのを想像されているのだろう。折り畳み型のフィーチャーフォンとは、開いた時の用途が全く異なる。

開いた時にタブレットの用途想定しているとしたら、上下(左右)の重量バランスを考慮して、バッテリーを分割して搭載する方法もあるでしょう。ディスプレイが折り畳みだから、バッテリーも折り畳みである必要は無いと思います。重量は増す可能性が高いが、バッテリーの性能や技術も変わる。世代を重ねる毎に改善はされていく。

ディスプレイにある程度のRを設けて曲げる為の機構も重要。Samsungがいくつか特許を申請していたけど、近いものが採用されるのか、全く違うのかが気になる所。

ノーPCやChromebookのセカンドディスプレイとして、折り畳めるモニターも発売されたら色々と捗る。スマートグラスは稼働時間や重量の問題もある。常時使用出来るまでには年月が掛かるでしょう。スマートグラス、スマートフォン(タブレット)のどちらがメインの端末になるかは人それぞれになりそうですが、どちらにしても両方を携帯する形になるのでは。折りたためる事のメリット、需要は意外と長く続く気がします。スマートフォン全盛でもデスクトップやノートPCの利用者は多い。折り畳みディスプレイがスマートフォン、タブレットの陳腐化を防ぐ、一つの要素になると思っている。