新着Pick
206Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ポピュリズムにより一連のFacebook叩き、ザッカーバーグ個人攻撃が先行していたところ、これによりようやく事の本質にメディア・民衆の目も行くのかもしれません。

事の本質とは
既に外形的に様々な事象からロシア政府の米国大統領選挙介入は疑いようが無く見えているところ、この証言が事実ならそれが決定的に裏付けられる点であり、更に大きな問題はロシアゲート、つまりトランプ陣営の本件への関与疑惑です。
次々とFBI長官らをパージしていますがそれで簡単に幕引きできるほど軽い問題では無く、時間軸はともかくもこうして事実は解明されていくでしょう。

まるでネットフリックスのドラマのようゆえ陰謀論的に聞こえますが、事実として、CA社の役員や資金供給源には、トランプ陣営の最大の献金者やあの極右スティーブバノンなど、上記の疑いをかけられるに十分な役者が揃っています。
このケンブリッジ・アナリティカの元社員、勇気があるなあ。自身に本当にリスクがある。

しかもこの問題は映画のように誰が見方で誰が敵になるのかの判断が非常に難しいと思う。疑惑が確かならロシアも現アメリカ政権も敵になる可能性があわうけで。

この証言を受けて今後どのような展開になるのか。FBもまた証言を求められることがあるのか。今後の動きに注目したいです。
SNSの個人データ利用については、各国の情報機関やシンクタンクが注目する所。ただし今回はロシアの情報機関であるFSBとの繋がりが出てきているのが危うい。彼らはどのような手段を使ってもデータを入手しようとするため、今後もこういった問題は生じるのではないか。
ケンブリッジ・アナリティカの元社員が、ロシアの情報機関とつながりのある企業とデータを共有していたと明らかにした。
国家よりも一般企業のほうが国にかかわる重要なデータを持っている。
この問題は、Facebookの個人情報保護体制や問題発生後の説明責任なども大きな問題であるが、本質は実はロシアの関与と米現政権への影響。果たして、どのように展開していくか。米国の民主主義が問われている。
闇が深い。。
ピンク!
ケンブリッジ・アナリティカ社案件の新展開か。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
46.2 兆円

業績