新着Pick
1853Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
というわけで箕輪さんを見習って私もいくつか大企業の名刺を持たせてもらおうと思ってます!コラボレーション大歓迎!
ホリエモン氏の「自分が思うほど世の中の役には立ってない」
またまた気まぐれコンセプトの紹介ですが、あるサラリーマンが入院していて、
「これは不味いことになった。なんとしてでも会社に行かねば」というのに対して、妻が「あなたが居なくてもみんながカバーしてくれますよ」と諭すのだが、「ばか言え、自分がいなくても大丈夫だと分かってしまうから行かないと行けないんだ!」というやり取りがあったのを思出しました 笑
そうならないよう頑張っていきましょう
箕輪さんすげえな
「みんな、自分が思うほど社会の役に立っていない」というのは身も蓋もないけど真理。だからこそ、社会的役割を果たしていると自分自身に思い込みたいために生きているという因果の逆転が起きている。でも、実はそれが人間という生き物なんじゃない?
いろんな「なんでこうやっているんだろう」という堀江さんの突っ込みになかなかまともに返せない理由は「周りがこうやっているから」という群集心理から抜けるのが難しいからなのかな、と対談見てて思いました。

群集心理自体は生物として生き残ってくる上では非常に重要だったと思います。隣の人見て安全な行動とか狩りの仕方とかまねしていればよかったから。一方でルーティンから抜け出すのは面倒くさい。

まあファーストペンギンをネットで身近に感じられるようになった今はそっちに向けて群集心理を向けられるかどうかというところかもしれません。
本質を突いた対談だと思う。

集団から個へのシフトがドンドン進んでいく。
個人が動くことによってお金や人が回っていく。
組織に奉仕をして、安心と安全を享受するという
社会システムはこの10年くらいで崩れたんだと思う。

文中の個人が組織を利用するという考えは
確かそうだなと思いました。

個人的にはその時代の流れの中で、
悩んでいる人。どうして生きていいか分からない人。
そういう人達を少しでも助けていけるような
コンテンツやサービスを考えて作っていきたい。
そう、思いました。

今やっているディグラム診断もその中の一つです。
まさに。今後はこういう働き方をする世代は増えてくるなと。僕自身ですらそう思いますし。会社に活かされ、会社を活かす。今ここにいる以上、バリューは常に求められる以上を出したい。
会社から搾り取ることしか考えてない(というわけでもない)
少なくとも今の日本においては心の障壁さえなければ餓死するようなことはないと思います。

堀江さんの考え方に共感しつつも、現実には心が誰かや何かの奴隷になっている人、産業医面談をやっていると特に多いなと感じます。

将来的にこういった考え方を持つ人が増えることを空想しながらも、今困っている人達との対話を引き続きやっていきたいですね。

たぶん今のところこの仕事が好きだからやってるだけなのですが。
個人の働き方として会社のリソースや資金力、ブランド力を使って、生きていくというのもありですよね。というか、そっちのほうがやりやすいじゃないですか、完全に独立するよりは。
サイボウズ株式会社(英語: Cybozu, Inc.)は、東京都に本社を置くソフトウェア開発会社。グループウェア「サイボウズ Office」シリーズなどを手掛ける。 ウィキペディア
時価総額
341 億円

業績