新着Pick
172Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
核実験中止報道から為替市場の流れは明らかに変わりましたので、その仕上げとなる階段が中止となればまた元の木阿弥になると予想しています。
いよいよ米朝の駆け引きが活発になってきましたね。

リビア方式を強硬に主張していたのは、ボルトン大統領補佐官。
ボルトン補佐官は、過去の6カ国協議の際、当時の金正日氏を「人間の屑」と呼び、北朝鮮の激しい反発を呼んで交渉のパートナーから外れた経緯があります。

北朝鮮としては、まずボルトンを排除し、核の即時廃棄を求めず、まずICBMの廃棄を優先していると言われるポンペオ国務長官を交渉相手としたいところです。

そう考えると、一連の北朝鮮の態度豹変は、アメリカ側への「交渉を進めたいならボルトンを切れ」というメッセージとも取れます。

一方でアメリカも即時核廃棄のボルトン、ICBM廃棄優先のポンペオの二枚のカードをチラつかせて、強硬姿勢と譲歩の余地の両方のカードのどちらも選べるようにした上で、軍事力というジョーカーもひけらかして、交渉に臨んでいるように思います。

まず3枚のカードのどれを次に切るか、文字通りトランプ大統領のカード捌きで、ゲームの流れが大きく変わってきそうですね。
「リビア方式」というのは、カダフィ政権が核開発を放棄して、数年間は経済的に潤ったものの、反乱にあって血祭りにあげられたわけですから、縁起が悪すぎます。最大の違いは、カダフィ政権は核開発を手がけていただけだったのに対し、北朝鮮はすでに核兵器もミサイルも保持していることです。
 北朝鮮にすれば、バカにするな、という話でしょうし、肝心の体制が存続しうる保障がなければ論外、ということでもあるでしょう。
段階的に非核化していくことは北朝鮮の考え方で、常に高い見返りを求め、自国の目標に到達しない場合、再度核武装する。
一方、米国は核放棄しなければ一層の圧力をかける。
いままでの米国の裏切り、北朝鮮のならず者的なやり方、それは繰り返してきたが、今度、ほんとうにトランプという偉大なアメリカ大統領によって新しい朝米関係が造れるか、疑問に思います。
北朝鮮としては有事に備えてしばらくの間は核を保有しておきたいはずだ。そして長い時間をかけて段階的に廃棄する心づもりなのだろう。それに対して最右派のボルトン補佐官は即時廃棄を求めており、恐らく北がこれに応じることはないだろう。韓国としても将来的な核保有の含みを残しておきたいので、ボルトン路線には消極的と考えられる。鍵は再選のために成果の欲しいトランプ大統領がどう判断するかにある。恐らく形だけでも成果を残すために、北に譲歩案を示すのではないだろうか。
核廃棄が先か経済制裁が先かということなんでしょうが、最終的に交渉決裂したら困るのは北朝鮮でしょうから、ある程度のポーズはとっても最後はアメリカの主張のお多くが通るんじゃないかと思っております。
これは予想された展開だ。今真剣な交渉が始まったということだろう。しかし米朝が合意出来るシナリオは見つからない可能性が高い。そうなると軍事紛争の可能性を含めた緊張が東アジアに走る事になる。軍事演習にかこつけてアメリカは有事に備える準備もしているのではないか。中国はどんな代案を考えているのだろうか。この際北朝鮮は中国に頼るしか金政権の存続は可能ではないのを知っている。
オバマ大統領が合意したイラン核合意から離脱したトランプですが、北朝鮮との外交交渉をまとめたという名誉欲しさに実効性のない条件でも飲みそうで嫌な感じですね。
リビア方式は後のカダフィ政権の末路を知っている北朝鮮としては絶対に受け入れない線ではないでしょうか。