新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

329Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2000年代前半のGSやローンスターの活躍は既に懐かしい。ただ、これまでは中堅クラスのゴルフ場の問題であったとしても、7年前に名門の太平洋クラブが民事再生法(負債総額約1300億円)の適用を申請(マルハンが新スポンサー)して以降は、どこで何があってもおかしくないなという感じがしている。とりわけ同クラブは東急不動産が実質的に経営しているとも見做されていただけに衝撃が大きかった。今回のリストにある鳩山CCも、鳩山家と関係のある名門だ。日々のキャッシュフローが潤沢なパチンコ系企業が税務上のメリットもあってスポンサーに手を挙げるのは自然なのだろうが少し寂しい。

アコーディアやPGMが買収したゴルフ場はとにかく回転を上げているので、安いが待たされる、プレーヤーのマナーが悪い、というのが僕の個人的感想(全部が全部ではないだろうが)。もともと立地もよくないところが多く、時間の制約があるビジネスマンには向かない気がする。

一方で、一代会員(あるいは、一部の会員制クラブ)など超名門のクラブに関して言えば、閉鎖的であること自体悪いことではないが、独自のマナーにやや神経質すぎるきらいがあり、本来は楽しいはずのゴルフが精神修養系になってしまっている部分が否めないようにも思う。

いずれにしても、両極端すぎる日本のゴルフの現状を改め、少子高齢化の中でもゴルフの人気を維持する努力をしていかないとゴルフ場の倒産は減らないだろう。ゴルフ場の原点は、カントリークラブ。地域の人々や会員が家族ぐるみで楽しめるような気楽で上品な社交の場であってほしい。
2年前に開業したラグジュアリーなゴルフ場「東京クラシック」。
会員権(みたいなもの)は募集のタイミングにより1000-2000万円までしますところ、募集の400名は瞬間蒸発で達成。

ニッチ富裕層による「こんなゴルフ場があって欲しい」のニーズに対応したデザインにて、人気を博しています。
一方には倒産するゴルフ場あり。
ビジネスの基本は、ビジネスプランと、戦うセグメントの選び方と、そして何より顧客志向とであることを、再認識します。

—-
当ゴルフ場の特徴は:
・プレーはオールスルー。6am台からのラウンドも可能で、するとお昼には東京に戻れる(時間を有効に使える)
・難易度の高い、でも美しく面白いコース
・都心から車で1時間の立地(近い)
・ゴルフ場にキャンプ場や乗馬施設などが併設(ゴルフ中又はその前後に家族で楽しめる)
・施設は品良く、ラグジュアリー。アメニティはジョンマスターオーガニック笑
毎月の倒産の負債額ランキングで上位にいくつもランクインするゴルフ場。なぜ今、ゴルフ場の倒産が多いのか、帝国データバンクのプロに解説していただきました。「会員権」の償還期限問題を先送りしてきたゴルフ場経営の歴史をお届けします。
倒産したゴルフ場欲しいな
市場環境について補足すると、ゴルフ人口はピーク時の2/3、関連市場規模はピーク時の半分になっています。会員権預託金の償還問題に加えて泣き面に蜂状態です。
https://newspicks.com/news/2256001/

ちなみに、同じくバブル系ハコモノリゾートのスキーはもっとひどくて、スキー人口はピーク時の4割、市場規模はピーク時の1/4と、かなり衝撃的な数字です。
https://www.mlit.go.jp/common/001083645.pdf

スキーの場合はニセコのインバウンド取り込みの例や、白馬スキー場の再生など、市場縮小の中で経営努力をする事業者が目立ってきています。ゴルフの場合も似た環境に見えます。
"再建型の倒産が約8割を占めた。"
ゴルフ場って他の用途には使えないですからね。2つの資本系に集約された事とネットの予約を取るインフラができた事で一般のゴルファーにもハードルが低くなった気がします。
負債がなくなれば身軽になると思っていたらまだ預託金に縛られてるんですね。
預託金ビジネス自体が不健全なビジネスモデル。経営的に問題を先送りでき、経営者も責任を負わなくて済むという負のスパイラルがあったということです。先送りのつけがくるのは当然の結果です。
構造的には2000年代前半から変わっておらず、先送りした時限爆弾が爆発したということですね。潰れるのは大体中途半端なところが多いので、アコーディアやPGMが買収したところが手頃なゴルフ場に再建して裾野が広がると良いな、思っていましたが、なかなかゴルフ人口増えませんね。ゴルフ場のBSは10-20億とかだったりするので、潰れたところはIPOとかでお金が入った人ならすぐ買えます。まだ色んな経営のやり方はあると思うので、色々面白いことはできそう。

因みに「なかには会員権を持っていなければ、ゴルフ場を利用できないコースもある。」と記事にはありますが、本来的にはゴルフ”倶楽部”とはそういうもの。日本ではバブル期に中途半端な預託金制のゴルフ場が増えた感があります。

今でも名門として残っているのは株主会員制のゴルフ場ですね。開場が古く立地が比較的良い、というのもありますが、レストランやクラブハウスなどに無駄なお金をかけず、コースのメンテはしっかりやる、などメリハリのある経営が出来ているというのもあると思います。

いやー子供が出来てからなかなかゴルフやる機会減ってしまったけど、もう少し大きくなったらゴルフ場のそばに引っ越して一緒にやりたいなぁ。
何よりも1960年代のゴルフ練習場の写真が衝撃的です。
子供の頃は野球、サラリーマンになると接待ゴルフ。
いかに現代が多様化しているか、いかに過去が画一的か。
非常にインパクトのある絵ヅラですね。
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル倒産連載。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。