新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

380Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
物語受難の時代、SFですら語られなかった衝撃の医療技術が実用化され寿命が飛躍的に伸びる可能性あります。
それまでは予防医療普及サロンで勉強しましょう。
https://lounge.dmm.com/detail/1025/
堀江さんの知識の懐深さを感じる本シリーズ。今回もわかりやすく、あまり知られていないことをしっかり教えてくれている印象。

ガン治療はまだまだできることがあるけど、結局は薬や抗体をどう届けるか。いまは各研究機関や企業が個別に研究していますが、いろんな素材を国を挙げて大きな投資家の予算も突っ込んでががっと進められないかなと素人目線では思っています。
堀江氏の底知れぬ情報収集力に戦慄を覚えます。

落合氏のいう ImPACT(革新的研究開発推進プログラム)は、米国で次々に成果を挙げているDARPA (国防総省の機関、インターネットもここが発明)を真似たもので、プロダクトマネージャーが、あるテーマについて、いくつかのラボを統括して横断的に研究を進めるものです。縦割社会の日本でも、是非、うまくいって欲しいです。
http://www.cistec.or.jp/service/daigaku/data/1501-04_siten02.pdf
堀江貴文さんの新連載「ホリエモンの予防医療サロン」、初回のお相手は、落合陽一さん(全5回)。第4回は「テクノロジーの進化で健康寿命はもっと延びる」。こうした話題を日曜夕方、ニューズピックスの六本木新オフィスで、楽しげにまったり会話するお二人を呆然と眺めていました。。
医療でも近赤外線
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。