新着Pick
1489Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
リンダ・グラットンさんの話は、結構大胆なことを言っているにもかかわらず、実は地に足のついた考え方でいつも考えさせられます。

例えば副業について多くの識者は個人の年齢や経験、能力差やスキルの差を無視して、それを是とすることも多いのですが、グラットンさんは、一定の仕事に打ち込んだ後、従来は引退するしかなかった社会が、その経験やスキルを活かして副業に打ち込めたり、かつての収入や財産基盤を元に、起業して見たり、あるいはよりクリエイティブな生き方を求めることができる社会に変わりつつあると主張します。

仕事に打ち込むべき時は打ち込み、一廉のスキルや人脈、経験を積めば、後は好きな仕事や好きな生き方ができる時代がきたのだと言っているわけです。

もちろん最初からなんでもマルチで活躍できる才人だって居るのでしょうが、彼女は決してそういう天才を見ているわけではなく、あくまでも普通の人の視点で話しています。

若い時に頑張ってスキルや社会的基盤を得た人たちが、その後その努力を朽ちさせることなく、様々な分野で活躍できるのなら、それはとても素晴らしいことです。

副業2.0というのがあるのなら、それは一部のマルチな才人によるものではなく、彼女のいうようなごく一般の人たちの新しい生き方を言うのでしょうね。
短時間ですが日本での講演の後の楽屋にて、『ライフ・シフト』著者のリンダ・グラットン教授をインタビューすることが出来ました! 

副業・兼業を始めることは、100年人生をサバイブする上でもっとも重要な資産である「変身資産」を鍛えることにもつながる、というメッセージに感じ入りました。そして副業を成功させる意外な意外なアドバイスとは? なるほど、納得という提言でした。
いまから社会人になる人でこの考え方に賛同する人はすでにそういう道を歩めるようにしている会社は日本でもいくつもあるので、会社選びの一つの基準として考えるのは良いと思います。

いま既に社会人になっている人はそういわれても会社や社会の仕組みの問題が先に頭に浮かんでしまってなかなか動けないんだろうという気持ちもわかります。

ただ、いきなり「業」としてお金が発生するようなものにたどり着けることは稀で、起業にしろ、何にしろ、誰かが少しリスクを取って試してみないとわからない、という段階のプロジェクトはたくさんあるんで、そこを少し無償で手伝ってみることで就業規則に抵触せずに会社以外の世界を覗けるとよいのですが。
ここで述べられている内容は良く目にしますし、NPのコメントでも多い論調ですが、スキルを持った人の働き方だし、皆が「スキルを持った人にならねばならぬ」という意味で「目指すべき姿」なので嘘は言っていないですが、裏側の厳しさも伝えないのがアンバランスと思います。例えばフリーランスが増えているというニュースは、その大部分は非熟練ワーカーが企業からの社会保障カットにあってるだけ、というのは重要なポイントで以前より何度も書いてるので一年前のコメントを再掲します
【以下過去コメントを転載】
以前から書いていることの繰り返しになってしまいますが、「アメリカはフリーランスの比率が高く起業家精神にあふれていて素晴らしい」と言われがちだが、「個人事業主」は、企業が雇用をせずに委託してるだけ、というパターンの割合が高いとのこと。会社から見れば雇用責任も無ければ変動費化でき、社会保険料も要らない、ということで、不安定な労働者の存在を表してるに過ぎない、という一面があることを知ったうえでこのニュースを読むべきですね
例えば、電力会社で設備を点検している人なども、製造業をリストラにされた人が「フリーランス」として働いており、回った件数に応じて「実力主義」で「成果報酬」で支払われる、という例とかを見ると、イメージとはだいぶ違うのではないかと思います。
ポートフォリオワークとは分かりやすい言葉ですね。
それはコントで有名になった芸人が、今後芸能界で生き残っていくためにバラエティの司会をしたり、ドラマに出たり、グルメ本を出したりと仕事のポートフォリオを組んでいく作業に近いかもしれません。

これは落語協会で師匠について真面目にやっていれば真打に昇進できる世界とは似て非なるものです。今後は会社勤務の方にも芸人のような「生き残るためのポートフォリオ」が求められるということを、楽しいと感じるか、難儀と感じるか。少なくとも、この流れは変えられないのですから、なるべくルール改訂を楽しむ方向にシフトできると良いと思います。
「子どもの世話のためにも、自由に休みが取れる環境に身をおいてください。人間は、そんなもっと人間らしい働き方をすべきです。本質的には、人間であるということは父親であり、母親であるということです。ロボットは子どもとの時間を過ごしません。父親は父親として、子どもとの時間を過ごしてください。」

グラットン教授が言うと自然なことのように聞こえますが、それができない。だからこそ出生率も上がらないわけです。

根本的に働き方の発想、副業を含めた組織のあり方そのものを見直さないと難しいのでしょう。最近はその感覚を持つ組織と旧来の感覚の組織で二分されてきているように感じます。ガラガラポンが近いのかもしれません。
「例えば、1年間の休みを取って、思う存分に世界を旅してみてください」
旧の価値観だと、学生のうちにすませておかないといけないことが、いつでもしてもいい価値観になる。いつでも学び直せるし、いつでも働ける。自由で寛容な社会で生きやすくなると思っています。
日本にいると実感しにくいかもしれませんが、ここで言うシーソーカップルなどの概念は実際に多くの国で起きています。
特に経済発展≒文化の変化が激しい先進国で多いように思います。

ここ1年以上、私の妻は子育てと週末のMBAに通っておりましたが、今週からまた働き始めました。半年ぐらいかけて探した甲斐もあり、しっかり給与もキャリアも上がっての再就職ができました。
逆に例えばいつか私が起業をした時などは、彼女に当面家計を支えてもらうことになるでしょう。

ここに書いてあることは未来の物語ではなく、すでに世界の一部で起きていることです。
グラットン教授がお書きの通り、決意と実行力が重要だと思います。
ここで掲げられている副業は「時間」ではなく「スキル」の話。
スキルだからそれを伸ばせる機会自体に価値が生まれたり、それがワクワクするかという論点にかかわってくる。そしてスキルは稀少性があるものなので、全員にマッチするものではない。これまでは「時間」や極端に稀少性が高い一部の人の話だったのが変わってきたのが、最近の論点という理解。

その前提で、個人的には40~50代になったら、副業をしてみたいかもと思っている(その時になったら変わっているかもしれないが)。
キャリアの早い時期に、「労働観」というかどういう働き方を志向するかが固まってくる部分があるとは思う。その時期にやっておくメリットもあるのだが、一方でまだまだ知らないことばかりの時期なので一個に専念するというのが一番時間投資の効率としては良いように思う。そして注力をして、できるようになってくるということもワクワクする。
逆に、企業・ポジションでの経験年数が上がるほど、変化は減ってくる。そのなかで記事見出しにあるように「変身」をする手段として使えるとよいなぁと。

逆に、それまでにちゃんと食えること、また予告編でKakuさんやMisumiさん、吉田さんがコメントされている点にとても共感。
会社側から見て、本業にメリットがある。例えば副業を通して個人の成長につながり本業に還元できる、そういう人材がいることの対外的なアピール、本業・副業双方でコンプラに反しない範囲で知見蓄積が可能、そのためにそもそもこれまでの行動と結果で会社から信頼を得ていることが重要だし、そういうことが信頼・信用経済だと思う。
そして、これは結構「信用」の原始的な世界というか、「この人だから信じる」というもの。時代を経てそこに戻っていくのが面白い。
女性が活躍できないのは、終身雇用で簡単には会社が解雇できない環境があって労働の流動性がきわめて低いこと、(したがってキャリアの中断がものすごいマイナスになる)家政婦さんを家に入れる習慣がなく、家事労働の負担が長時間労働を女性に課していること(家事に加え育児と介護!)があるだろう。

ちなみに、家事労働でなければ、ITの活用でどんどんシンプルに仕事は出来るようになってきているのも事実。ただしお役所に対して出す書類だけは以上に大変で省力化しにくいんだよなぁ…