新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

415Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
子どもの教育のヒントが沢山入っている記事でした。宿題の20分間の空想は面白い方法。モンテッソーリ教育などとも親和性のある点がありそうです。

さて日本の教育システムを見ていて時に思うのが幼稚園と小学校のギャップです。例えば建物一つをとっても、幼稚園はカラフルで楽しそうですが、小学校は彩りが少なくなる。歌を唄ったり、踊ったりする時間も急に少なくなります。

より秩序的と言えばそうなのですが、いつも褒められていた環境から、いつも注意される環境になっているようにも思います。(これは学校だけでなく、家庭においても年齢的に注意することが増える時期であると思います。)

なので、より褒められようにしたいという思いと、より叱られないようにしたいという思いの狭間で悩んでいたりもするのではないでしょうか。少なくとも私は忘れ物が多かったので、とにかく叱られないように、ということを考えて過ごしていたのを思い出します。

子どもの教育は皆が頭を悩ませる問題であり、かつ子どもの個性がある限り定型化された答えがあるものでもないのでしょう。そうした中で、こういう教育方法もあるという選択肢を知ることは大切。

そして教育メソッドとしての「レスポンシブル・クラスルーム」。日本でどの程度取り入れられるのか、ちょっと調べてみたくなりました。
子どもに宿題はなし!それでも、心配で宿題を出して欲しいと食い下がると、では空想しなさいと言われたエピソードが傑作。
新しい素粒子が見つかったのかと空目した。
ちなみに記事も面白い。
「いずれできるようになることを、少しぐらい早くできるようになったところで何がいいの?」という考えです。

この考え、海外の大学の教育方針に合うと思います。大学院生はインターンシップに注力しますが、学部生は海外旅行など、自分の趣味を広げる努力をしている学生が多いのも海外の特徴です。

インターンシップも素晴らしいと思いますが、たんに就職だけを見据えた学びではなく、人生を通して興味を持てる好奇心を学生時代に築くことも大切です。

なぜなら、仕事は必ずいずれすることとなるので。

これ以外にも、
飽きることの大切さ。

インタラクティブ・モデリング。

レスポンシブ・クラスルーム。

等も海外の教育、仕事の現場でも多く見受けられます。

日本の教育、働き方の良さもありますが、このようなアメリカの最先端の教育を学べるのは感謝です。明日の連載も楽しみです!

STAY GOLD!!
名門校だからといって詰め込み教育と思うなかれ。前記事で一定のIQ超えした多様な学生がいるとのことでした。仲間との関係性も気になるところ。

先日、某公立小学校の宿題の多さに驚いた(見た目は公文)。創造性という点ではボーヴォワール流がよさそうですが、日本の目指すところはいかに。統一テストが変われば宿題も変わるのでしょうか。
この教育とてもいいなぁ。
>安心して失敗できる環境を作るのが、学校と親にとっての一番の役目
>宿題は20分の空想。何事にも縛られずに自由に考えられる時間の中で、娘は本当に好きなこと、パッション(情熱)を感じられるものに気づくことができた
【自分の”外側と内側”の関係性】

自分の「外側の答え」に向かうのではなく、自分の「内側の問い」に敏感な感性を持てれば、自ら拡張し続けられる基本姿勢ができる。宿題も、100点という概念のあるテストも、「外側の答え」めがけた努力なので、ここに書かれている思想と根本的に正負が逆だなと。答えのない時代に入った今、「内側の問い」ベースで動ける人財と企業がどうやって対話のデザインをするか。とっても難しいけどそれこそ面白い問いだと感じます。
成毛さんのコメントが面白かったが記事も参考になった。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。