新着Pick
353Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
人生において本当に大事な人なんて一握りだ

嫌われたら話しかけられずに済むので、寧ろありがたい


I don't care about anything.
自分の最も身近な存在であり、自分を最もよく知る存在とは自分自身です。そのため自分が自分を好きでさえいれば、他の人達から好かれなくても平気になります。自分を好きな気持ちは自己肯定感とも比例しますね。

これと似て非なるものにナルシズム(自己愛)があります。ナルシズムは自分だけを高く評価し他の人を低く評価することが特徴で、逆に自己肯定感が高い場合は自分も周りも高く評価します。そのためナルシズムと自己肯定感は基本的に反比例します。
「好き」という感情同様「嫌い」という感情は抑制なんてできないもの。
理屈じゃないから。
誰もが誰かを嫌うし、誰もが誰かからは嫌われる。それが真理であり、「あなたが好きになれば相手も好きになってくれる」とかクソ理論を振り回す奴に惑わされない方がいい。
問題は、実は「嫌い」という感情はそいつの一部分に対する脊髄反射のようなもので、そいつの全部を否定するものではないのに、一度「嫌い」と判断すると全人格を「嫌い」だと誤認してしまうこと。そして、嫌いな奴は放っておけばいいのに、嫌いな奴を攻撃してしまいがちなのも人間の性。
なんで攻撃したくなっちゃうのか。それは嫌いな奴が自分に似てるからであり、嫌いな奴を攻撃する人は自分のことが嫌いだからですよ。
アンチがいてこそ、図抜けてる存在なんだろうなあと思ったりする。好きの反対は無関心で、嫌われすらしない。