新着Pick
619Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
そうですか。。。ノーコメントでお願いします。
ちなみにブラジルは対象外。

あ、すいません。。通知来たので最初にコメントしてしまいましたが、皆さま是非忌憚ないコメントをお願いします。ピッカーさんのご意見が興味深々です。
電通メンバーの話を聞く限りでは、22時以降は自宅で作業することになっていて、単純にサービス残業が増えただけと…実態が気になる。
本当に実効性ある働き方改革は、試行錯誤的な制度変更ではなく、上からの意識改革がないと浸透しないと思います。
広告代理店はクライアントオリエンテッドなのだからmtgあるとき以外はオフィスもマストにする必要ないのでは。クリエイティブ大事だし。
アンケートで意見を募ったうえでとありますが、まさに働き方改革や健康経営は従業員目線が大事です。

昨年末、責任者の方にヒアリングにお越しいただ際、お話したことが活きていたら嬉しいです。
自殺問題が発覚した直後は、22時以降の強制退社がまず導入されたようですが、だからといって業務量は減るわけもなく。
結果、社員は家や別のワーキングスペースでの作業をせざるをえなくなり、サービス残業状態になったと聞きます。
しかし、現在は、「休日はメールも見られない」という状況になっているのだとか。(部署によって様々なのかもしれませんが)

一方で、実はよりブラック化しているのが、電通以外の大手広告代理店です。
今まで電通が持っていた案件が働き方改革によって、細かい案件などからは手を引いている部分もあるそうです。

だとすると、その案件たちはどこに向かうのか。
博報堂、ADK・・・など、電通以外の代理店に流れ始めているようです。
電通だけではなく、博報堂もADKも明るみに出ていないだけであって、
内部はなかなかのブラックだと聞いています。

元々の業務量にプラスアルファ新しい案件が降り注いでくる・・・。
また聞くところによると、全員が全員まんべんなく忙しい、とはならず、
(仕事ができる人に)仕事が集まっている現状らしく、人によってはかなり多忙になっていると話に聞きます。

とはいえ、これは広告代理店に限った話ではないはず。
電通に関しては世の中に出たことがきっかけとなって、働き方にテコ入れがされるようになったといっても過言ではないでしょう。

何かが起きないと、動かない。動けない。
(ましてや電通に関しては命が失われたわけですから)
そんな企業は嫌です。

「働き方改革」という言葉だけが上辺のようにひとり歩きしないことを願うばかりです。
表面的な活動なのか、報道なのか、、、、
本質的には報酬と評価を、新しいルールのもとでどのように表現するかだと思います。
日本の各種興行がこの電通の休日カレンダーを避けて開催されるようになったら本当に休めてるんだろうな、と思いますが、それまでは大変そうだなと思いますが。。。

Nagaoさん、ブラジルは対象外ですか。日本の休みのしわ寄せがブラジルに来たりしないことを願ってやみません。。。
創造力を高める刺激を受けるチャンス。いつもと違う体験、対話をしたい。そして創造生産性を高める。
休み増やしても求めるアウトプットの質(というか直しの粒度)が変わらない限り無意味。この会社のやることはどうせただのパフォーマンス