新着Pick
330Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いつも刺激的な石川善樹さんと対談しました。
 第一回の今回は、なぜ、人のデータに着目し行動計測や解析を始めたかを石川さんが引き出してくれました。
 今から10年前以上のボストンでのオープンなコラボレーションが、新しいことを生み出す源泉になっています。さらに遡ると、半導体で世界トップの研究をやっていたことが他の分野に移っても、どこかに自信になっていたと思います。ご笑覧下さい。
"最初から世界一になるにはどうすればいいかと考えて。だったら、会社の経営とか、組織の経営っていうことと、このテクノロジーを結びつけて、しかもそれがちゃんとビジネスになるような動きにしよう"
待っていました石川さんの連載。
以前の連載でもこんな話があったことを思い出しました。そして過去の連載をもう一度読み返して見たら、、見つけました。
https://newspicks.com/news/2688695/
"「Think Differentとは何か?」と問われたら、その答えは「ノベルティとクオリティを両方同時に高めること」だと定義できます。"
単に掛け算をすればいいって話じゃないんですよね。改善ではないフィールド。この整理は気持ちいいです。
「就社」の考え方で入っても「社」にこだわらない働き方をして、「社」そのものを変えていく人がたくさんいます。

自分が面白いと思えることをどんどん見つけて実践していくと、企業も上司も大きく変わるタイミングがきっとあります。
スマート・ライフの連載「石川善樹のウェルビーイング」、今回は日立製作所フェロー・矢野和男さんと石川善樹さんの対談をお送りします。4日連続で公開。
石川さんと矢野さんの対談!!楽しみすぎる、

日立というか、矢野さんのすごいところは、最初に働き方のセンシングに目をつけてらした、ということもあるし、やはり、アカデミアに対してその成果を問うているところだと考えます。つまり、一定のエビデンスを保証している。そして、それに基づいてプロダクトが作られているところだ。

昨年末頃に、日立のハピネスプラネット、という働き方改革ゲーム(?)のβ版が発表されたときに、問い合わせ窓口に「なんか、エビデンスに基づいてやってますと書いてあるけど、本当ですか?」という内容をもう少し社会人らしく丁寧に問い合わせたところ、「これです」と、解説付きで論文をお送りいただいたことがありました。普通こういう問い合わせ窓口に論文くれ、みたいな要求して来るやついないと思うんですけど、即レスだったし親切な対応で感激したのと、送られてきた論文はPNASのものだったので、サスガ、と感じました。

ハピネスプラネットはこちら。
https://happiness-planet.com
矢野さん、最高です。ビッグデータの神さまだと思ってます
石川善樹さんと日立矢野先生の対談。今日は矢野先生の「データの見えざる手」の前日譚です。今後の展開に期待です。
辻さんも言及されていますが、バイタルデータ・センシング機器としてのウェアラブルデバイスは欧米だけでなく日本でも色々な企業で導入されるようになってきています。
社員の健康を増進してパフォーマンスを上げることもありますが、医療費削減もわかりやすい効果の一つです。
今年、来年位にはバイタルデータによって保険料の変わる生命保険なども出てくるはずなので、健康でいることが個人にとっても組織にとっても利益化する時代になってきますね。
引用〝もともとは半導体を20年やっていたんですけど、そこの事業がなくなったので。リセットして、何か新しいことができないかっていうところで〟

20年やってきたことをリセットして、リスタートしたのが40代中盤というのは驚きです。持ち運び可能なポータブルなスキルを身につけておくことと、その新たな活用法にアンテナを張り続けておくことの大切さを再認識しました。
「データの見えざる手」日立 矢野さんと石川善樹さんのウェルビーイング対談!
矢野さんがデータ取得始められた経緯、興味深々に読みました。これからの連載楽しみです。
ウェアラブル端末から組織文化(人間関係や意識変化)が形成される流れなどが可視化されたら面白そう。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。