新着Pick
171Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨今言われている「部活」の弊害、「協会」の閉鎖性などはさておき。。。(さて置けないんですけど、本当は)

来年はワールドカップ、しかも日本開催です。
開催国としてやっぱり結果は残してもらいたいですし、どうしても一部のファンに偏りがちなラグビーの裾野を広げるためにもとても大事な年になると思います。

チームワークと規律に加え、圧倒的な個人技、時々はエゴになる姿勢も今後大事になってくるかなと思いました。
> 横にいる玉塚が必ずあいつをタックルで止めてくれる。だから、自分はこのプレーを絶対に成功させよう

チームワークの基盤は信頼です。信頼し合った仲間たちと時に喧嘩をしながら戦い続け、最高のパフォーマンスを発揮する。チームワークの本質を学ぶ素晴らしい経験です。
以前、慶応のマネージャーをやってる方にお会いしたのですが、興行目線も持っているとても意識の高い方でした。
OBのDNAがいい意味で生きている証左かもしれませんね。
なぜラグビー出身者にはビジネスでも活躍している人が多いのかとずっと疑問でしたが、玉塚さんに話を聞いて何となくわかりました。こんなに存在感が全面ににじみ出ている人は、フリオ・フランコ以来だなと。
「3倍のルール」というものがあります。これは、売上高30億円の会社が100億円に、100億円の会社が300億円に、300億円が1000億円になるというように、それぞれのタイミングで大きな変革をする必要があるというものであり、ハーツユナイテッドグループはまさに300億円が1000億円になれるかどうかのタイミングの会社だと思いました。
体育会系にありがちな根性論。できないことはできません。初めに「できない」と感じたら努力するだけ時間の無駄。

> 「できる」と思って努力すれば、何でもできるだろうと物事に向き合う姿勢はラグビーでもビジネスでも同じです。