新着Pick

【求人掲載】クリエイティブなM&Aを支援する

制作:パーソルキャリア
91Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「Leverages Strategic M&A」についてインタビューを受けさせて頂きました、事業責任者の高橋慧です。

M&Aの一番の課題は、日本国庫総研のレポートにも出てましたが、従業員の融和と企業風土の統合にあります。

我々はIT特化型人材サービス「レバテック」を通じ多数のエンジニア・クリエイターと向き合ってきており、どのようなIT人材がどのような環境を求めるかを熟知してます。
これまで培ってきたナレッジをうまく活用し、IT領域の大きな課題を解決していきたいという想いでこの事業を考案しました。
また、WebサービスにおけるM&Aニーズも多くいただいておりますが、弊社は12年間でオウンドメディアを30以上運営してきたため、Web領域においての理解は非常に深く、殊シナジーを検討することにおいて強みを持っております。
まだ立ち上がったばかりですが、現在多数のクライアント様より非常にご好評頂いております。

社会へより大きな価値創造をするために、戦略的に企業譲渡をし、そこで得た資金を活用して次なる事業を生み出すことを考えている若手起業家も増えております。
この事業を拡大させ、彼らに貢献し続けることで、シリアルアントレプレナーを創出し、日本のGDPの底上げができるのではないかと、非常にワクワクしております。
現在立ち上げに伴いメンバーを募集しておりますが、ソーシング、オリジネーション、エグゼキューションのみならず、クライアントからヒアリングさせていただいた生の声をサービスに反映させ、これまでなかったより良いサービスに進化させていただける方にジョインいただきたいです。

ご興味ある方、是非一度お話できると幸いです。
最近M&Aは後継者不足という文脈から話題にのぼりがちですが、IT業界におけるそれは業界全体の成長・活性化の手段と言えます。
M&Aを通じて買い手企業の成長が促進されることは言うまでもありません。
IPO一辺倒でない出口の多様化が進むことは間接的にベンチャー創業を後押しすることになります。
M&Aを通じて所属するITエンジニアの皆様のキャリアの多様化やスキル開発が促進されれば、エンジニア不足という課題解決の一助にもなるでしょう。

Leverages Strategic M&Aは弊社レバレジーズが培ってきたIT特化型人材サービスのノウハウを通じて介在価値を高めるユニークなM&Aサービスです。
顧客の声を聞く中でIT業界のM&Aにおいては被買収企業のエンジニアの皆様が持つスキルが自社にとってどのくらいの価値があるのか、また、買収後に自社の企業文化と融和して長期にパフォーマンスを発揮してくれるのかが最大の関心事だと感じます。

M&Aアドバイザリーの業界において、顧客の切実なニーズに独自の解を示す、唯一無二のサービスを立ち上げていくという仕事は非常にエキサイティングな経験だと思っています。
IT領域において攻めのM&Aを促進していくべく、この志に共感していただける方に是非参画いただきたいです。
自社でM&Aをやるのかと思いきや、IT企業のM&Aを支援するんだ!
面白い!そして確かにこの領域は空いてるなー。

エンジニアの能力を見極められる人材がいるレバレジーズだからできる事業ということでオリジナリティもあっていいですね。
個人的には、今金融機関などでM&Aに携わっている方にぜひチャレンジして欲しいなと思います。