新着Pick
210Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
電撃的な習近平、金正恩会談によって、米朝会談について北朝鮮、韓国、中国、そしてアメリカの4国が関わり、日本は全く蚊帳の外となってしまった。
日本はどうすれば良いのか。更にアルミや鉄鋼の関税について政府は当然日本は除外されると高を括っていたのだが、トランプ大統領の皮肉いっぱいの宣言で日本は関税をかけられる事になってしまった。
安倍首相はトランプ会談で、日本の役割をどう主張しトランプをどのように納得させられるのか。
安倍首相にとって正念場である。
安倍首相の良いのはフットワークの軽さです。
国と国の信頼関係は官僚だけではできません。北朝鮮、中国とアジアが不安定なときだけに日本とアメリカの関係強化は必須です。
頑張って頂きたいです。
うーん、「蚊帳の外」「正念場」というテンプレが... コメントへのコメントはしないようにしているのですが、流石に...

<追記>個人的な期待は、テクノロジーについての方針。昨年12月の国家安全保障戦略でテクノロジーが大きく取り上げられてから、米国の動きが不安定なので。1月には国が5Gを構築、などというリークがNSCから出たりしている。体制が整っていないので、酷い伝言ゲームになっているのではないか。2月にはティールが「人工知能は共産主義的」という牽制をしているのも気になるところ。<終わり>
安倍政権の命運にかかわり、日本の今後に大きな影響を与える日米首脳会談になると思います。中朝と韓国、冷戦後の東アジアで初めて起きたといっていい大きな動きから蚊帳の外にされ、貿易戦争の標的にまでされて、日本は極めてつらい立場にあります。ここで踏み止まり、挽回への足場を築けなければ総崩れになりかねません。元外務事務次官の薮中三十二さんは産経新聞のインタビューに、トランプ大統領を指南できるのは安倍首相しかないと力説しています。日本を、貿易戦争の標的にすることには慎重になること、拉致問題の解決を図ること、など一定の言質を取って初めて蚊帳の中に入ることができます。
みなさんが言うように正念場です。
今のトランプの楽勝の考え方は、ぜひ安倍先生によって注意を促し、また本当の対朝鮮の外交の真髄をトランプに教えていただきたいと思います。
代わりに鉄鋼、アルミの関税撤廃について強くトランプに求めるべきです。
安倍先生はそれができると思います。
「蚊帳の外」というが蚊帳の中に蚊を呼び入れてるわけですやん?蚊帳の中では一匹の蚊に翻弄されてみんな血を吸われまくりなんとちゃいますのん?
トランプ外交には常に不透明感があり、この日米首脳会談も見えない部分が多く、貿易と安全保障の取引も想像されます。「北朝鮮に騙されない」ための意見交換を日米で進めてほしいところ。
安倍総理は今月17日からフロリダ州を訪問し、2日間にわたりトランプ大統領と会談することを正式に発表。
会談後、トランプ大統領がツイッターで何と呟くかドキドキしますね。