新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

347Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「真に道を究めんと欲すれば師につかねばならぬ」というのは、戦前の日本人ムスリムの言葉で、彼は中国に渡って中国人ムスリムのイスラーム学者に弟子入りしました。良師を見出してよく学ぶことができるのも才能の内です。
 今では様々な名前の大学、学部、多くの分野の専門学校がありますが、真に道を究めるというのは、実際のところ、何かの学校に行って資格をとればできるというものではありません。

1946年に手塚治虫が『新宝島』をはじめストーリーマンガを次々に発表していった時、刺激された全国の少年少女が手塚に手紙を送り、自分たちが描いたマンガへの助言を求めました。その中には、富山県の二人組の高校生、藤子不二雄もいました。手塚は多忙な毎日の合間に多くの返事の手紙を書き、助言を与え、彼らの上京後の生活や出版社への紹介まで世話しました。
 手塚は学校の先生でも大学教授でもありませんでしたが、これから日本に現れるマンガ家たちの師であろうとする強い意志がありました。もちろんそれは非常に面倒くさい手間のかかることでもあります。日本のマンガは、手塚が少年少女たちの師であろうとする意志を持っていたことで、今日まで発展することができました。

 ディック・スミスは、『リトル・ビッグ・マン』や『ゴッド・ファーザー』、『タクシー・ドライバー』のメイクを手がけたことで、ハリウッド映画のメイクアップ技術第一人者となり、メイクアップ技術者としては唯一アカデミー名誉賞を受賞した人でもあります。そして、辻一弘さんやリック・ベイカー(数多くのエイリアンや狼男、猿の惑星、マイケル・ジャクソンなどのメイクアップ技術者)の師であったことで、映画のメイクアップ技術をいよいよ盛んならしめました。彼が後続のメイクアップ技術たちの良師であったこともまた、彼が第一人者であったことを示しています。
「失敗から学ぶ」当然のことですね。失敗しないに越したことはないですが、失敗しない人はいないでしょう。その時落ち込まないでま、次があるさ、と思って前進できるかどうかでしょう。そういう人は老けないと思います。気持ちの持ちようが大事ということですね。
『思いついたら、とりあえず作ってみる。それに尽きます。』

このレベルの人間はアクションの塊。行動力が半端ない。
メールのない時代にディック・スミスとこんなに濃いやり取りをしていたなんて、素晴らしい。頭が下がります。「やり抜く力」というタイトルがいかに的を得ているかがわかりました。
「でも、失敗をして、同じものを繰り返してより良くしていく過程にこそ、学びがあると僕は思います。」
ご自分が師匠になる番ですねぇ、これからは
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。