新着Pick
123Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年間で新型車2万台を生産するということです。ウーバーの事故があり、発表のタイミングとしては微妙になったかもしれませんが、自動運転のこれからの発展には期待したいところ。
2年で2万台。Uberは自動運転の研究のために2019~2021年で2.4万台発注。下記は事故前のNP編集部のピッツバーグでの体験記事だが、その時点では200台で320万マイル(約500万キロ)走行。Waymoは800万マイルこれまで走行してきたとのことだが、車の台数の桁が2つ増えれば、データ量も一気に大きくなる。
併せて、Jaguarにとって毎年1万台の需要も大きいだろう。例えばTeslaの生産キャパはModel 3以前は年間10万台で、Model 3の生産立ち上げは後ろ倒しになっているが、上期末に月間2万台ペースというのが現在の計画。
https://newspicks.com/news/2878946

なおベースとなるJaguarのI-PACEの写真、下記記事にある。
https://newspicks.com/news/2917945
こちらニューヨーク。本日9AMからモーターショー・プレスデー。ジャガー関係者と本件、いろいろ話してみようと思う。
自社で自動運転技術開発をしないジャガーのようなケースが、Waymoのお得意様。
日系ビック3とWaymoだと、なにかとバッティングするのでは?
さて、これからホンダ(Waymoと連携発表済み)はどうする?
この程度の提携は複数対複数でやってるのであまりニュース性はありません。なお忘れられがちな事実、ジャガーランドローバーの所有者はインドのタタモーターズです。
自動車メーカーはGoogleと提携する選択が正しいと思います。世界で最も自動運転のフィールドテストをしているわけで、そう簡単に追い抜くことはできないのが現実ではないかと。
自動運転技術の開発には、数年〜10数年で、数1,000億円〜数兆円の投資が必要

そんな投資ができるのは、業界トップの数社のみ

自動車業界で言えば、マス向け低価格帯トップのGM・トヨタ、高級トップのダイムラー・BMW

超高級ラインのジャガーとかFCAとかは、難しい

一方、クルマ作りは、それはそれで難しく、自動運転システムは作れるインターネットジャイアントのuber、Googleとかでもできない

なので、両者の利害が一致し、インターネットジャイアントがシステムとサービス作って、車両は下位OEMという構造になる

でもこれだとOEMはクルマを提供しているだけで、顧客接点やデータはインターネットジャイアントに溜まるので、OEMはインターネットジャイアントに差配されるしかなくってしまう
着々と
ランドローバー(Land Rover )は、四輪駆動車を専門とする、英国の自動車メーカー・ブランド。2015年現在、インド・タタ自動車の子会社である。 ウィキペディア
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア