新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

174Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
匿名による評価について書きます。
当然ながら匿名で評価するするメリットもあって、面と向かっては言いにくいが価値のある意見を引き出せる効果が代表的だと思います。

それでも、人事評価を匿名で行うことには、この記事の通りデメリットの方が大きいと考えます。個人のことに言及するというのは大変デリケートなこと。そのときに発言者がわからないというのは、かなり無責任に感じます。発言責任が問われない形で公平性を担保することは非常に難しいのではないかなぁと。

加えて、人間同士の話なのだから、面と向かって言えないことは言うべきではないと私は思います。相手が同僚であれ上司であれ。人間関係とはそういうものだと思います。

例えばこれが「目安箱」的なものであれば、匿名で意見を募ることにはメリットの方が大きい場合もあると思います。
『同僚の評価は客観的か?』という質問にダイレクトに答えるならば、『主観的に決まってるでしょ』、です。

もっと言うと、上司の評価だって主観的です。

コンピテンシー評価を導入して、一生懸命に客観性を確保しようと多くの企業が頑張っていますが、所詮は人が人を評価するので、主観的にならざるを得ないのです。

例えば、コンピテンシー項目によくある『主体性』というような言葉の定義は、厳密に確認すれば10人10色です。

脳科学的心理学的にも、抽象的な言葉の解釈は個性によって異なることがわかっています。

また、もしコンピテンシー導入で客観的な評価が可能なら、管理職が1次評価結果を持ち寄って実施する調整会議は不要なはずです。

本当に大事なことは、個人が個人を評価する結果は主観的なものの見方であることを前提に、客観性をどうやって担保するかという点なのです。

評価は、つまるところ解釈です。解釈に差があるのは当たり前。

先ほどの調整会議でやっているのは、結局のところ『多くの解釈をテーブルにあげて、集団としての解釈の調整をしている』ということなのです。

だったら最初から、主観的な評価を数多く集めて、多数の意見を集めることで客観化すればよいのです。

現在多くの企業が導入している、コンピテンシー基準+絶対評価+調整会議という流れは、莫大な時間を浪費し生産的な活動に影響を与えています。

この問題に気が付いた企業は、すでに改善に向けて動き出しています。

問題の本質は、結構深いところにあるんです。
上司には部下を客観的・正当に評価するインセンティブがあるのに対し(歪んだ評価をするとグループの成績が落ち、結局は自分の評価が下がってしまう)、同僚にはそのインセンティブがないことが原因だと思います。
上司が自分の責任の下で、自分の能力と誠意を尽くして部下を評価し、部下を納得させる、ということでいいのではないか。部下は、納得できなければ抗議してもいいし、会社や部署を去ってもいい。

人事評価のような大切な物に「360度評価」のような責任が曖昧なオママゴトを介在させない方がいい。部下の評価を他人のせいにしたいヘタレ・マネージャーと、インチキを売り歩く人事コンサルタントが喜ぶだけではないか。
Peer Reviewはあくまでフィードバック。客観的なわけ、ありません。
主観の塊であることを考慮して、そんな意見や見方もあるのね、という留め方にするのがいいと思います。

評価はまた別の話。気になるフィードバックがあったらその人にその真意やその時の状況などを聞いて、客観的なデータとともに判断できないなら評価に加えるべきではありません。
ライブドア時代全社的にこれ実施してましたね
特にアジア圏では「直接的なネガティブフィードバックを好まない」という文化特性がありますので、匿名でのフィードバックが好まれますが、ともすると組織の不信感を増幅させるケースを多く見てきています。

ふつう、匿名でフィードバックをもらっても「そう思ってるなら直接言ってほしい」と感じるのが人間です。「誰が思ってるんだろう」というしこりも残します。「フィードバックがあるなら面と向かって言う。言えないなら言わない」というのがオープンなカルチャーだと思います。
山極さんに完全に同意です。

何度か書いていますが、客観的な正しい評価なんて神様以外できないのですから、如何に納得できる評価かが大事だと思います。
ん?同僚の評価は主観的ですし、主観的なことに意味があるんじゃないでしょうか。人事側も主観的なことを前提で使ってますよね?

そして同僚からの評価は評価項目の一つに過ぎないわけですから。

どこまで言っても完璧な人事評価システムなんてないし、どんな理由にせよ自分の評価が低ければ文句言うところを探してしまうわけなんで、しょうがないですよね。
この連載について
人生100年時代を生き抜くベースとなるのは「スマート・ライフ」。ビジネスパーソンがより良く、楽しく、健康的な毎日を送るための「新時代の自己啓発」を紹介する。