新着Pick
251Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
フランスは、15世紀以降、イタリアからヨーロッパの中心としての地位を奪おうとしてきました。そのために教皇をローマからフランスへ拉致してきてキリスト教会の中心を移させようともしました。特に15世紀にパリの領主が英国との百年戦争を耐え抜き、国土の統一に成功してからは、歴代の王がイタリアへ侵攻を繰り返し、そのたびにレオナルド・ダ・ヴィンチをはじめ画家や音楽家、料理人をフランスに連れてくる、といったふうに、イタリアから文化を輸入することにも熱心でした。フィレンツェ周辺の領主であるメディチ家から王妃を迎える、といったふうに平和的な方法でも文化の輸入に努めてきました。
 文化の中心であることで、今日にいたるまでパリには世界中から画家や画家の卵が集まってくるし、パリのコレクションは世界のファッション業界の中心であり続けています。留学生も世界中から集まってきます。文化の中心になれば、ローマがそうであったように、たとえ経済的には世界の主要な中心地ではなくなっても、何世紀にもわたって世界中から人の集まる都市であり続けることができます。宗教でも美術でも音楽でもいいのですが、そういう遺産があれば、後世までその国の人間は利益を得ることができます。日本は後世までの文化的中心としての地位を築けたかというとかなり心もとないです。せいぜいマンガとコスプレの中心地でしょうか。

 フランスはイタリアから営々と文化的中心地としての地位を奪おうとしてきましたが、本当に逆転したのは19世紀になってからでしょう。ナポレオン1世が短期ながらもヨーロッパに確立した覇権を抜きにしては語れません。ナポレオンという人は、数学や文学ほどには音楽や絵画には情熱を向けませんでした。彼がコルシカ島という地方の大地主程度の家の出身だったことによるものでしょう。王侯貴族の文化である絵画やオペラには入れ込みませんでしたし、革命期の政治情勢ではその必要もなかったでしょう。しかし、彼は美術品を活用することには十分理解のあった人で、その覇権によってヨーロッパの内外から美術品を収集してルーブル宮に展示しました。ナポレオン1世はド=ゴールに至るまでフランスの権力の模範であり、美術によってフランスはその威光を表現する、というのはフランス政府の強固な習性になりました。
ニコラ・プッサンについては、昔シカゴ大学でMBAの傍ら美術史をかじった際に大変強調されていて、代表作は叩き込まれた。「ルネッサンス以降、印象派以前」の西洋絵画について自分を含めて日本人はあまり知らないんだなと感じたのを思い出す。
今回も面白かったです。宗教革命以降の芸術家と権力とお金の話。
カトリック(ローマ)vsプロテスタント(オランダ)、フランスでの帝政vs共和制という勢力争いが大きく美術と芸術家のキャリアに影響を及ぼしているのが良く分かります。
美術史全体をインフォグラフィックス的に流れを一覧にできたりすると面白そうですね。色々な派がどう関係しあって生まれてきたのかとか時系列の流れをまとめると面白そうです。
先月ルーブル美術館に初めて訪れましたが、感性だけで観ていたら1時間くらいでお腹いっぱいになり、他の史跡に移動してしまいました 汗

ただおそらく10年以内にまた訪れるだろうし、それまでに知識を蓄えておくことによって、同じ作品でも全く違う見え方がすると思うので、今から楽しみです(まずは勉強ですけどね)。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。