新着Pick
182Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
【アマゾン×JPモルガン】
アマゾンなどプラットフォーマー
の銀行保険分野への浸透は、
繰り返しコメントしているが、
元来親和性が高く、当然の流れ。

アマゾンとJPモルガンのJVが成立すれば、
資金面・信用面・システム面、ブランド面など、
どこからみても既存の金融機関では太刀打ちできない。

アマゾン経由でJPモルガンが実質的に日本で
リテール金融を展開することも当然視野に入る。
こうなると、国内銀行の牙城は崩れる可能性も
高く、一気に国内金融システムのランドスケープ
転換がありうる。

小さいが面白い記事。
アマゾンの顧客の小規模事業者向けにクレジットカードの提供を計画しているようです。見出しのほか詳しいことは分かりませんが、いずれは保険商品にも派生しそうですね。
決済を支配するスピードが遅いぐらいじゃ無いかな。amazonは自分たちをテクノロジーカンパニーだと言っているので選択の提供をしているに過ぎない。市場を取って行くには中国でのwechatのように決済手数料を下げて加盟店が爆発的に増えて行く事がまずは大事だろうから。(独禁法でやられるかもだけど)
国内だと、アメックスがこの領域強い印象
この短い記事からでは具体的な内容はわかりませんが、アマゾンは出店者と購入者に関する膨大なデータを蓄積しているので、効果的なマーケティングができるだけでなく、適切なクレジットリスクの管理に基づく競争的な条件での与信が可能な立場にあります。

もちろん、こうしたビジネスモデル自体は、中国のTech Giantを含めて多くの先例があり、決して目新しいものではありません。

ただ、米国ではTech側の主導で進むかと思われたこうした動きに、既存の大手金融機関が絡んできたところが興味深く思います。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
106 兆円

業績