新着Pick
467Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ノルマなし、組織なし、管理なし。メトロール松橋社長の考え方は本当にシンプルで、社員が本業に集中する環境にこだわっていて、手段が目的になっていたり、過去はこうしていたからといった固定観念が全くない。目の行き届く中小企業だからこそできるのかもしれませんが、軽快、シンプル、豪快な松橋社長の考え方は本当に面白いです。
とても面白い組織!製造業に興味がある若手の方に、是非見ていただきたい記事。

大企業ももちろん良いが、個人的には弊社含めて、様々な企業から転職してきたまだ規模が小さい企業というのはとても面白いと思う。なぜかというと、一つの会社に所属しているのに、多くの文化に触れることができるから。
そして特にそういった文化にトップや企業全体として「そうしていきたい」と思って、その仕組みを作ろうとしているかも重要な点。人は組織に良くも悪くも順応する、そして小さい企業であるほどそれが良くも悪くもよりピュア。
個々人の良さが出やすい組織、かつ自律的に連携できる組織はとても楽しいし成長も大きいと思う。
こんな会社があるとは…。
ティール組織ってまだ読んでませんが、理想的で新しい考えに共感する方がいらっしゃる一方で、実現可能性に疑問を持つ方も多い印象があります。ぜひ具体例を知りたいなと思っていたところだったので、メトロールさんの記事は興味深いですね。

何か一つを切り取ってすごいとか革新的というより、システムなんだろうなー。仕組みそのものでなく、モチベーションや理念や採用、教育も含めた全体のシステムが好ループに回るように因果関係が成り立っている。なかなか真似のできない、でも参考になる実例ですね。
将来起業したい、早く事業を運営したい、といった志向の若者には最適かもしれない
海外で働きたい、自分で事業を回す経験をしたいという若手の方にはすごくいい職場なように見えますね。
大企業に入って、事業を回すポジションまでいくにはかなりの年月を下積みに使うより個人的には面白いと思う。
この連載について