新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

771Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日ご縁あって、サグラダ・ファミリアの彫刻のトップの外尾悦郎さんとお会いしました。ロジックとアートではないですが、ロジックと情緒について、本記事と近しいお話をして下さいました。

大陸において、国や宗教や言語が違う中で共通のコミュニケーションを取るために、主に西洋で発展していったのがロジック。これは物事を細分化して、計算する手法。しかし、社会が複雑化していてこの方法が通用しなくなってきた。
そこで大切なのが情緒。積み上げの計算式ではなく、0→1のコンセプトを生み出せるのは情緒。これこそ東洋が得意とする手法。だからこれからの時代は、日本人が国際社会でしっかりリーダーとなっていく必要があると思います、と。

詳細は正確じゃないかもしれませんが、ロジックを超えるコミニュケーションを探し出した故のアートという、論旨と近しいと思います。
実に面白い!>
ネガティブマーケティングとは?
「こういう絵を描けば売れる」と、売れそうなものを追いかけて作品を作ることです。それに対してポジティブマーケティングは、歴史の中で自分の立ち位置を能動的に示す作品を作り、自分で価値を生み出すことです。
要するに、流行に乗るのではなくて、自分で流行や歴史を作れということです。今風にいうと、セルフブランディングでしょうか。
──今のお話は、耳が痛い人も少なくないでしょうね。アートに限らず、「今、はやっているから、やっておこう」というサービスが多いですから。
バブル期の歴史を調べれば調べるほど、日本は大きなチャンスを逃してしまったことを痛感させられます。アートの世界でも同じ、当時が日本の美術品の価値をあげる千載一遇のチャンスでした。

ただ、バブルを知らない世代としては、済んだことを悔やんでもしょうがなく、前を向いて新たしい時代を作っていくしかないのですが。
西洋美術史家・木村泰司氏の「西洋美術史」を読むと、「絵(アート)を読む」とはそういうことなんだ!と膝をパチンとたたきたくなります。

このコラムと併せて読むと、アートに対する見方がおもしろくなること請け合いです♪
美術品が高額で取引されるというのは、ヨーロッパの歴史でのみ起きたことです。絵画や彫刻で表現すること、それを統治者や宗教勢力が活用することは、世界で広く見られたことです。しかし、それを資本主義と結びつけて、高額な商品としたのはヨーロッパのみでした。
しいて類例を探すと、近世の東アジア、とりわけ茶の湯の普及に伴って陶器を高額で取引した戦国時代末期の日本でしょう。床の間に飾られる絵画も付随して取引されました。陶器や絵画に高額の価値が持たされたのは、茶の湯が支配者層に大きな価値をもつ文化活動となっていたからです。絵画が高額の価値をもつためには、それを正当化する文化活動が前提になります。

ヨーロッパでは、元々古代からギリシアやローマで彫刻が大きな社会的価値を認められていましたが、中世にカトリック教会が絵画を教会建築に取り入れたことで、絵画が宗教における価値を持ちました。
絵画が宗教的な価値を持つというのは、普遍的に受け入れられることではなく、東方正教会やイスラームからの激しい反発を引き起こしました。結局、ヨーロッパ内部でもプロテスタントによって否定されました。
17世紀のプロテスタント教会の人々は、絵画に宗教的価値は認めなかったものの、資本主義的価値を持たせるという、これもまたヨーロッパ特有の発明をしました。欧米の文化活動において、王侯貴族のサロン、社交の場、そして国民国家の教育によって、絵画は価値を与えられ続けてきました。

結局、絵画が非常に高い価値を持つというのはヨーロッパ特有のことでした。明治以降の日本は、欧米の価値を受け入れることにおいて世界でも最も徹底しており、文化的価値をも共有することで欧米に近づこうとしました。このような努力は、他の地域では見られませんでした。当然、絵画の価値、つまり、審美の基準は、欧米で定められることになります。日本人や中国人は、それに追随して、定められた相場で絵画を購入してきました。
日本や中国の絵画については、その価値が日本や中国で定められるようになるためには、それを可能にする文化活動が必要です。価値を与えられるのは他の文化、球根や競走馬、(アラブ湾岸諸国のように)ラクダでもありえるのです。教会建築や仏教寺院建築、茶の湯のような文化活動が東アジア発で普及すれば、絵画にも価値が与えられ流通します。
確かに一点ものの価値って値付けがすごく難しいですよね。特に企業価値の様に分解もできない美術品は。実際には特に初期の売り出し価格はどうやって決めてるんでしょう。オークションとかなら分かりますが。ま、そうはいっても美術品はひとつじゃないわけで、だいたいの値付けは相対的に出てくるものなんでしょうね。
日本を個人と置き換えて考えました。
アートとマーケットの理解と実践ですね!

引用
これからは資産社会に転換しなければならないという意識だけは、皆さんに持っていただきたい。日本は、自分で自国の価値を上げなければいけないのです。
アートはグローバル時代のコミュニケーション基盤になるそう😯

>>> 宗教に代わる、世界共通のコミュニケーション基盤として見いだしたのが、アートではないでしょうか。
ブランドモノがすごく嫌いです。「なんでそんな価値があるのよ?!」って思うから。でもビジネス的にはその無形価値を創るって超勝ち組なんでしょうね。
<これからの起業家もアーティストであるべき>
素晴らしい、示唆に富む記事、NPさんありがとうございます!

私の所属するミスルトウの孫泰蔵も、「起業家はアーティストだ」といつも訴えています。
ですので、私も、ビジネスパーソン特に日本の起業家には是非そのように思ってもらえたらいいと思っています。

まさに、流行りに乗るソリューションを考えるのがロジカルシンキングだったり、今まだ注目されているデザインシンキングですが。

これからは、問題解決ではなく、まずはアーティストのごとく自由な発想で自分の価値観や信念に基づいての問題提起、そして創造すること、だと思います。

パリのビジネススクールESCP(École supérieure de commerce de Paris)が2011年からスタートしたArt Thinking(アートシンキング)と言うプログラムもあるそうで、興味津々です。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。