新着Pick
408Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
採用側が考えていることが少しでも伝われば良いなと思って、コメントしています。就活本よりも役に立つアドバイスを目標にやってます。同じ考えの採用担当者は少なくないと思いますので、こちらも是非ヒントにしていただければ。(何でもそうですが、鵜呑みにはしないでくださいね)

※追記
Hirotsuguさん
それ、私も是非協力させてください。(関西に採用担当の仲間も多くいるので声かけますよ!)
「就活のヒント」になるかどうかはさておき、各分野の専門家が一言知見を添えてくれるのをしっかり押さえるだけで普通の学生はおろか、普通の社会人よりも一歩抜きんでた知識の習得にはなると思います(もっとも情報が多過ぎるゆえ取捨選択が難しいという話にはなりますが)。記事中にあるような傑物の類の人々(落合さんや田端さんや堀江さんなど)を基準にするのも望みは高くて結構なことだとは思いますが、まずは地に足の付いた知識が今後の血肉になると考えます。
こういった就活の特集が誰の何のために行われているかを理性的に考えることのできる学生の方であれば、むしろ就活のヒントなどを他の人に貰わずとも自分の頭で考えて判断して自分自身のある程度意に沿った形で就活を終えることができるでしょうね。
ヒントは100でも1000でもあると良いですが、就活に必要なのはヒントではなく「決断」です。前を向いて行動する、すべての学生を応援しています
トップ画像、就活してなそうな人ばかり
NPを読んでいるような学生さんはネクストアクションが大切ですよね。ヒントとは何かをおこなう時に使うものですから。自分自身を一つのサービスや商品だと考えてみると、良いかもしれません。

世の中にある商品やサービスは、どのような課題を解決し、顧客やクライアントに何をもたらし、利用の結果はどうなるのか。どういうところにその商品やサービスの特性はあり、強みや課題は何なのか。どこを伸ばし、どこを改善するのか。

そういう現状と課題を見据え、どの方向に進んでいくかが見えてくると、じゃあ今の自分をどこに置くべきかも少なからず見えてくるのかなと。
多様な意見に触れることは、ビジネスパーソンとしての「懐」を拡げてくれます。

組織で働くということは、様々な利害関係の中で仕事をするということ。

いずれ会社や社会や変える提案をする時に、かならず現状を維持したい人々が現れます。

強引一辺倒ではなく、かつ調整一辺倒でもなく、受け止めたうえで実行可能な案を作り上げていくときに、この「懐の深さ」が効いてきます。

そういう意味で、就活のヒント以上の内容をNPは提供しているように思います。
首都圏の学生でもNewsPicksを使いこなせている人が少数派なので、情報格差のある地方学生こそ、是非積極的に褐葉してもらいたいです!
NewsPicksはネットでは珍しい方向(保守)にバイアスがかかってますからね
医学生にはおすすめしたいですね。意識高い系(笑)にはなって欲しくないですが一つのニュースに対してあれやこれや色々な角度から見れるのは一つの疾患に一つの治療のファーストラインを覚える癖のある私たちの頭の固さをほぐしてくれますから。
この連載について
圧倒的な売り手市場が続き、エンジニアに高額初任給を提示する企業、中途と新卒の採用区別をしない企業などが登場。採用チャネルも多角化し、「インターン採用」のスタイルも百花繚乱の様相だ。 片や学生は、学生にしてプロさながらのスキルを持つ「プロ学生」が登場する一方で、安定志向の学生が主流派で、バブル時代の若者の価値観に逆戻り…との指摘もある。 東大・早慶なら、いつかはどこかに受かると気楽に就活する人が増える中、学生はこのまま、売り手優位を貫けるのか? その内実に迫る。
株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済ニュース「NewsPicks」を提供する会社。2015年4月に、株式会社ユーザベースより分社化。 ウィキペディア