新着Pick
180Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
上海自由貿易試験区内の話でしょうか。

2013年9月にスタートした上海自由貿易試験区は、貿易や投資などの規制緩和を他の地域に先んじて進める経済特区です。

中国では現在、外資系自動車メーカーによる出資比率は50%未満と定められていますが、「自由貿易試験区で新設する新エネ車や特殊車両事業の外資出資比率制限の緩和を2018年6月までに実施する」と中国外交部が公表しています。

しかしあくまで出資比率の「緩和(50%以上を認める)」であって、「撤廃(100%出資を認める)」ではありません。

テスラ側が100%出資を望むのもわかりますが、かなり難しいと思います。
基本的に折半出資を求める中国政府とテスラ社との思惑との間に乖離があるようですね。テスラに特例を認めると他社への原則論も崩れる。ここは中国政府も引けないところでしょう。果たして結果はいかに。
西村さんのコメントに関連して、昨年11月の発表当時のPickが下記。
https://newspicks.com/news/2616769

EVや上海に限らず、2025年には外資の50%以上の出資を可能にする予定ではあるが、それまでにどうなるか…
なお、自動車部品メーカーは独資での進出も可能。あと、「自動車」の定義に例えばクレーンは入る(車輪で自走する)が、油圧ショベルは入らない(キャタピラで自走可能だが、どこかに輸送するときはトレーラー)など、色々な日本の産業に関わってくる論点。
https://newspicks.com/news/2210222
それは無理ですって

何%でまとまりますかねぇ
中国政府が工場は現地企業との合弁でなければいけないとしているのに対し、テスラは独自所有を目指していることが交渉難航の原因のようです。
それは無理ですって(2)

中国進出した自動車メーカー、全て通って来てるのです。中国政府は、意識高い民のように『イノベーターだから、多目に見てあげる☆ミ』とはならない。
それは無理ですって⑶

皆さんそこで悩んでるんですから。
上海工場を運営する合弁会社の所有構造(つまり資本比率)をいっているのか、工場の土地や建物の所有構造をいっているのか、あるいはその両方をいっているのか、はっきりしない記事。
明らかに続く不公平な中国のビジネルルールに対して米政府と連携して是正の圧力をかけていくべき。中国は既に世界2位の経済大国。いつまでも自分勝手は許されない >現在、外資系自動車メーカーが中国で生産するには地元企業と提携する必要がある。