新着Pick
41Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
裁量労働制拡大の根拠が揺らいだという重要な局面ですが、問題は、裁量労働制拡大は政府提出予定の「働き方改革関連法案」での一括審議に組み込まれているということです。
性質の違う各種法案をなぜ一括審議するのかということは安保法でも指摘されてきましたが、またも「抱き合わせ法案」になっています。
このままでは、「問題もあるけど、全体としてはやるべき」という建前で、結局裁量労働制拡大も通ってしまいます。
政府はこういう不誠実なやり方をいつまで続けるのでしょうか。
【政治】このニュース全く注目されていないなぁ。総理と閣僚の国会答弁において都合の良いデータだけが使われたということで、けっこう問題なのだけどなぁ。
元々のデータは厚労省のもののようですが。
本件、今後野党からの追求も進みそう。