新着Pick
92Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんだなんだ、山崎氏と珍しく意見が概ね一致しているぞ。

ただ私は昨年秋の総選挙の頃からちょっと弱気に転じてます。直近はアメリカ政府が無茶な財政拡大を進める意向を強くしており、インフレ加速と米財政悪化がドル安に繋がりそうです。
黒田総裁のみ続投報道が出て、先に任期がくる副総裁人事の報道が出ないのは、副総裁人事で官邸内がもめている可能性があるという見方もあるようです。
内国債を自国通貨建てのみで発行している限りにおいて、その副作用として考えられるのは債務残高対GDP比が発散することによる歯止めの効かないインフレになることが挙げられますが、本稿にもあるように慢性的なデフレに悩まされ、今もなお総需要の不足から生じる極めて低いインフレ率に止まる状況下では、これを要警戒とするのはむしろ害になるとしか言いようがありません。

ただ、そうはいっても、とくに日銀がYCCの枠組みに基づいた政策運営をする中で主導する必要のある政府の財政政策が、直近では望まれる方向と逆の動きをしていると判断せざるを得ませんので、相場に対してこれまでのような強気一辺倒で臨むということは難しいと言わざるを得ないでしょう。できれば早々に軌道修正していただきたいところではありますが。
何より、MJG2015さんのコメントが読めて!
これでしばらく黒田総裁はご自身の月例記者会見のとき感情推定され続ける羽目になられるのか。。。。

焦点:世界初、AIで日銀総裁の表情解析 政策予想に応用も
https://jp.reuters.com/article/ai-facial-expression-kuroda-idJPKBN1CP0GH
MJG2015さん!!!(記事に対してのコメントじゃなくてごめんなさい、でも嬉しい!)