新着Pick
362Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
こちらはあくまで顧客の預り金(仮想通貨ではなく円で預かっていたもの)であり、そのうち出金の依頼があったものだけです。
さすがに預り金は別口座管理していたと思われますので、NEM(XEM)補償されている部分は別の話。もっとも、その部分についても目処は立っているとのこと。

会見は見れなかったので、概要は以下。
https://twitter.com/coin_post/status/963375097200353281
1、NEMの保証:目処は立っている
2、仮想通貨売買と出金:セキュリティ企業に安全確認後に再開
3、金融庁とのやりとり:現時点では報告できない
4、事業再開:一応目処は立っている
5、匿名通貨:継続
仮想通貨の相場が乱高下する中、どうやって賠償するのか大いに興味があります。

かつて、不法行為事件で富貴丸事件というのがあり、民法416条が適用され「通常損害」は賠償義務があり、「そうでない損害」については予見可能性の可否によって決するという判決がありました。

乱高下が予見可能の範囲か否か?
ユーザーが納得するか否か?

続報を楽しみにしています。
先ほどコインチェックの大塚さんによる会見が行われました。
以下のような事をお話されていました。
・本日401億円出金対応済み
・ネムの補償の時期は後日報告
(資金は既にある、現金は手当できている)
・送金、売買も再開に向けて準備している、まだ時期未定
・金融庁、第三者委員会とのやりとりは話せない(改善計画なども)
・仮想通貨での出金はできない 
・現預金、売上、営業利益等答えられない、今後も開示なし
・事業継続の意思あり
・日本円以外の仮想通貨も全て分別管理している
・流出したネムが換金されているが
→捜査にかわかる事なのでお話できません

和田社長はお客さま対応のため会見には立ち会わなかったとの事でした。

詳細はお話できない事が多い印象でしたが、ネムの補償についても資金の手当ても出来ているとの事で、まずは安心できる内容ではないかなと感じました。
NEMの賠償はどうなるんでしょうか?

価格が半分になったいま。あのとき「ぐだぐだやかましいわ!きっちり88円でNEMを全額返したるわ!」。そう大見得を切って賠償を約束したコインチェックがいまでは「神」に見えるo(^o^)o
金が唸っておりますなー
出金初日、401億円。これは日本円であった全額か、それか部分だろうか?
仮想通貨関連は、価値が変化してるからもっと複雑。盗難された分、また取引停止の免責が本当に効くのか。当分は凍結されたままが続く可能性もあるが、取引が止まったままでメリットも少ない(とはいえ弁済優先順位とかを考えると簡単に解除するわけにも行かなそう…)。
ここにきて、折れない、というのは、事案発生を招いた体制の不備の可能性があるとしても、当然とも言えるのですが、しかし高く評価できると思います。一人でも多くの人の被害が最小化されるよう、また再発ができる限り防止されるよう、引き続き尽力頂ければと思う次第です。
訴訟は仮想通貨を売却して、損失を確定しないといけないのかな。保有したまま値上がりした場合、損失を上回る利益を得る事も考えられるけど、そうなるとコインチェックの支払う金額も変わるのだろうか。
周りが言うくらいだから、賠償金の支払いも当然考えているでしょう。その上での事業継続したいとの発言。仮想通貨も含めた資産は相当あるのだろうか。
流石にキャッシュリッチな企業。
NEMの補填を考えると1000億円の支払い、更にこの後の訴訟などを考えるとその和解など払える可能性があるということか。

事業再開の目処が立っていると語ったとはいえ、みなし事業者の期限切れも迫ってきておりこれだけの問題が顕になった後のタイミング的に滑り込みで無事正式登録の可能性がどれほどあるのか注目していきたい。
初日に401億円の出金。XEMの補償の時期は後日報告(資金は既にある、現金は手当できている)仮想通貨売買と出金(セキュリティ企業に安全確認後に再開)金融庁とのやりとり(現時点では報告できない)