新着Pick
227Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
Amazonが「新しい技術」で勝負する一方、トライアルは「枯れた技術」で勝負。たしかにAmazonのは未来的ではあるが、待ち時間がなくなって正しく精算できることがゴール。スキャン+重量センサーで一定のことができそうに思うし、コストメリットも高そう(Amazonは一定の規模行かないと投資回収ができないと思う)。
スマートカメラは、記事を読む限り精算とは関係なく純粋な分析目的のように思う。Amazonはそれを一体でやっているということ。さて、どちらの方式にメリットが多いか。
導入したトライアルについては、下記記事も併せてご参照いただきたい。
https://newspicks.com/news/2654022
スマートカメラはパナソニック製との事。
カートに入れる毎にスキャンするのですね。
高齢者などにも使いやすいような仕様になっているといいですが、慣れるまでは店員さんのフォローがかなり必要になりそう。
返品時などもスムーズだといいですね。
なにをゴールに、どこまでの費用対効果を考えてやるかということですよね。とはいえ、小売りはなかなか及び腰な中トライアルのこの動きはいいですね。
レジでは混まないかもしれませんがその都度スキャンするわけですよね?トータルの店舗体験にかかる時間はどうなんでしょう。早くなるのかしらん?

スイスイ走れるが出口の料金所が混んでる有料道路か。クルマの速度は遅いけど出口の料金所のない有料道路か。そんな感じ?
株式会社トライアルカンパニー(英称:Trial Company, Inc.)は、スーパーセンター (SuC)・スーパーマーケット・ディスカウントストアなどを運営する、福岡市東区に本社を置く企業である。 ウィキペディア