新着Pick
325Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
奈良県は、その観光資源、豊かな歴史のわりには観光による恩恵の少ないエリアですが、その主たる理由は宿泊施設の少なさです。
観光はキャパシティ商売の側面が強いので、観光資源があっても受け皿がなければ、経済効果的には少ない日帰り観光がメインになってしまいます。
また奈良県の観光は北部が中心なところがあるので、それ以外の地域も、積極的な取り組みによって進化していくことを期待します。
市役所とセットというのは、面白いですが、どちらも、「アクセスと利便性が非常に大事」という共通点があるので、理にかなっていると思います。
観光資源は魅了的にもかかわらず、宿泊施設の少なさが理由で、観光消費額において苦汁をなめてきたのが奈良です。ここに来てようやく流れが出て来ましたね。
奈良市庁舎の前にマリオットの進出も決まっていますし、これからが楽しみですね。京都がオーバートラベルなので、奈良に分散するといいと思います。

関連記事
https://mainichi.jp/articles/20160304/k00/00m/020/081000c
大阪に泊まって京都と奈良を周遊する。京都に泊まって奈良も見てみる。と、中々消費に繋がり辛かった奈良。今回で解決するとは思いませんが、宿泊の選択肢が増えるのはいいですね。
宿泊施設が圧倒的に少ない奈良県内に新しいホテルが出来ることは、どの様な形であれ有難いことだと思います。利用者の立場からすればもっと多様な宿泊施設がたくさん出来ることで選択肢が増えて欲しいぐらいです。但し、そもそもお客様にとって橿原へ行く明確な理由や目的となる新しい商品やサービスが無ければ、どれだけ宿泊施設が増えたとしてもあまり意味が無いのではないでしょうか。
この組み合わせは初めて目にしました。役所が近くにあることで、観光客は情報収集がしやすくなるのかもしれませんが、どんな効果があるのか未知数ですね。
役所と賃料収入(もしくは共同事業開発)良いですね。
豊島区も区役所の上は分譲マンション。
自治体経営が厳しい中、柔軟性大事。
元少年刑務所をホテル化するなど試行錯誤の中での取り組みは評価できます。なお、奈良公園エリアでは、県庁屋上が意外と素敵な観光スポットだったりするので、公的施設の観光資源活用は面白いと思います。
新幹線、飛行機の課題もあり、奈良県はホテルが本当に少なくて通過観光地になってしまっていました。この施設が打開策になるかは分かりませんが、宿が増えるのは間違いなく良いことですね。^ - ^
また、良い宿がないわけでは全くなくて、奈良ホテルは歴史的な宿屋でありとてもおすすめです。