新着Pick
422Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
面白くて応援したくなるビジネスですよね!

ただ文中に出てくる「トレンドゾーン」というよりも
「コダワル(Kodawaru)」人々を見つけ広げ育てる、感じの方が
元プラットフォーマーとしては意義があるのではと思いました。

地域活性化、地産地消、Made In Japan、日本文化、
Cool Japan、全てが繋がってきますね。

コダワリをなくしかけているジャパン、を
デジタルで、よりパーソナルに、自分事が世界事である
開いた世界に。

ちょっと試してみよ >https://sitateru.com
「みんなの着たいをクリエイト」

<追記>
まーあと余談ですが、Google検索されなくても
インスタで「バエル(映える)」事が出来て
インスタで検索される探されるようになれば
コダワリ日本人若者とツナガルのにも良いのかも
シタテルについては、下記記事も併せて。
下記記事に出ているが、最小ロット50枚というのがポイントかと。大規模にやる人はネットワークを持っているが、そうではない人はグーグル検索とかに出てこなければ知りようがない。知りようがないから企業側としては既存顧客が中心となる。そこを埋めるプラットフォームという認識。
とても良い取り組みだとは思うが、小ロットでコンシェルジュを付けていくと、どうしても一定の人的集約型ビジネスにはなっていく(良い悪いではなく、そういう事業モデルだという理解)。
https://newspicks.com/news/2726352
再現性のある良い切り口の記事だと思います。
Googleはあらゆるものをできるだけシンプルな共通ロジックでインデックス化しようとしているが、反面でそのフォーマットに乗らない情報をインデックスできればそれは価値になりうる。
特に最近は安さの追求圧力が一段落して、クオリティやストーリーを見直す向きが強まっている感覚があります。必要としている人と必要されている人を結ぶというやり方にはまだまだ可能性があると思います。
単語を入力していて変換候補から気がついたのですが、シタテルは「仕立てる」から来ているんですね。なるほど。

シタテルもさながら、ここにコスチュームを注文した蔵元の福光屋はさすが。銀座にパイロットショップを出したのも、化粧品に舵を切ったのも同業他社に比べて早かった。昨年末金沢で本店に行きましたが、シンプルでお洒落なのです。って、話がそれましたね。てへ
できることからコツコツと。
ものが良ければ、評価してくれる人がいる。
そんな社会になってきたような気がしました。
シタテル河野さんは口数が多いわけではないですが、その分、奥に秘めた熱量が凄いです。これまではアパレルやユニフォームを必要とする企業向けサービスだったんですが、最近は消費者向けのクラウドファンディング的サービスもスタートするようです。メーカーも頑張らなきゃな!!

http://jp.fashionnetwork.com/news/在庫リスクゼロの新流通システム-シタテルが生産一体型コマース-スペック-始動,945430.html#.WoPTQ3BcWaM
B2B向け衣服マスカスタマイゼーションプラットフォーム
熊本はファクトリエの山田さんも出身ですしちょっと先行くアパレルが生まれる風土があるんですかね。セレクトショップもイケてるお店多いですし。
You are n
M trjuuymmyu
IiYou


Hi