新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

288Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事には書かなかったのですが、マイクロソフトの社長になってからもトヨタさんとの不思議な縁は続きました。

ついに豊田章男さんが目の前に現れたのです。

といっても当時は豊田さんはまだ業務改善支援室の課長でした。高校の先輩だったスパークス創業者の阿部修平さんが引き合わせてくれたのです。阿部さんは豊田さんの大学時代先輩。つまり豊田さんとぼくは同い年でした。阿部さんは二人の後輩の世話をしていたのです。

丸の内のパレスホテルで3人で朝食をとっていたその日は1995年2月26日でした。

この日、早朝のレストランは内外のビジネスマンだけでした。7時ごろに彼らの携帯が一斉に鳴動したのです。阿部さんも含めて、ほぼ全員が5分以内に出ていってしましまいした。

残されたのは豊田さんとぼくだけ。二人で唖然としてました。ベアリング銀行が潰れた日だったのです。そこにいたビジネスマンのほとんどが金融界だったのでしょう。

二人だけになったあとの会話は「名古屋駅の鶏そぼろ弁当はなぜ売り切れるのか」でした。つまり売れ筋予測と生産在庫管理の問題でした。

さて、それから何回かお会いしているうちに、豊田さんが常務だった張富士夫さんと二人でマイクロソフトにいらっしゃいました。MSの戦略を説明してくれというのです。そして帰り際に耳元で「張さんってね、次の社長になると思うんですよね。お付き合いくださいね」と。

それ以降、トヨタさんとの付き合いは豊田さんだけでなく、全社的になっていきます。ほぼ20年後の2016年には合弁会社のトヨタ・コネクティッドが設立され、マイクロソフトはトヨタGazooレーシングチームのスポンサーです。

このころのビル・ゲイツの愛車はレクサスです。もちろんポルシェ959などのスーパーカーを何台も持っていましたが、レクサスは毎年、新モデルを買って自分で運転してました。

豊田さんが部長に昇任したころ、トヨタファンのビル・ゲイツと豊田経営陣との面談をセットしてくれました。名古屋のホテルの一室で、ビルとぼくの目の前に座っているのは豊田英二、豊田章一郎、豊田達郎のお三方。

お三方からは電気ポットの話がでてきたのです。そしてその議論は1時間も続きました。これからがいいところなのですが、それはまた次回以降にとっておきましょう。
業界の常識って他業界からすると非常識だったりもするので、驚きの成果を上げるのって素人発想の事が多いですよね。自分が業界の当たり前に縛られてないか、常に考えないとです。
【第6話】「日本の自動車業界で、系列の縛りが壊れた日」「当時の自動車業界では大事件」、成毛眞さんは業界の慣習を知らなかったからこそ、非常識な成功を成し遂げます。
常識を知らない若者になぜ価値があるのか?がよくわかるエピソードです。なかなかこんな新人は存在しないよねとも思えますが、一方で、世の中の組織の多くがこうした常識知らずの行動力を無意識に抑制しすぎている組織風土になっているかもしれないと反省すべきところかもしれません。

それにしても、編集者になろうと思ってアスキーに行き、すぐにアスキーマイクロソフトに出向というのは、普通の感覚の人だと挫けてしまう流れだと思います。キャリアにおいて想定解を持ちすぎずに流れにうまく乗る柔軟性が大事だなと思わせてくれるエピソードですね。
キャリア形成の観点でとても参考になる事例です。

キャリア理論の中に「計画された偶発性理論」というのがあるのですが「キャリアの8割が予期しない出来事や偶然の出会いによって決定される」というもの。

ただ偶然を待つのではなくて、好奇心や冒険心、柔軟な考えをもって積極的に行動したり、新たな環境に飛び込んだりすることで、偶然を機会へと変えていくことができる。

今回の話、まさにこれだ! と思いました。
この成毛さんの特集面白いですね。


時代もあるかもしれませんが、
何か映画やドラマのような物語を感じます。

文中の

「おもしろそう」

が、運とか何かを引き連れてくるんですね。
純粋な行動力。素晴らしいと思います。
業界の「常識」にこだわらず?というか、そもそも知らず、好奇心のまま赴くことの重要性の分かるエピソードだなあ。この前、NewsPicksの新卒イベントで熱弁した金魚鉢理論にとって最高の具体例ですね。
このシリーズ。今まとめ読みしました。
成毛さん、こんなに個性的な人生を送ってきたのですね。失礼ながら実におもしろい。年齢もほぼ同じ(私がひとつ年上)。自分の人生を振り返って、いろいろ反省します。
責任という頸木。どこかで壊さなければなりませんね。自分を解き放たないと。

“人生は本当におもしろい”と毎日感じるように!
行動ありきなんですよね。チャンスは客先と酒場に落ちている、と。
成毛さんのコメントがウラ話過ぎて面白い。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。