新着Pick
371Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
量も、質もで良いんじゃないでしょうか。量もぜんぜん足りてないので。 

質については議論が2つあります。

第一は、そもそも質が高い低い以前に値段が安すぎるのが問題、ようはデフレ。東南アジアや中国の人が激安だと感じて買い込んでいく先進国というのは異常です。食べ物含めて物価があと1.5倍高くても訪日外国人の需要はぜんぜん減らないと思います。

第二に、これが本編の主たる議論だと思いますが、日本にはハイエンドプロダクトはあるが、ハイエンドサービスが無い事。プロダクトはブランド品や日本の伝統工芸ブランドもある。しかし例えばホテルは5スターが30しかないと書いてあるが、5スターホテルはハイエンドではありません。世界の富裕層が泊まるようなホテルはその上のクラス、これは日本にはほぼ皆無に近い。最近アマンが出来たくらいでしょうか。
その他、レストランも含めグローバルクラスの富裕層がお金を使う場所が日本には無い。すきやばし次郎の3万円は彼ら彼女らにはファーストフード感覚、桁が足りない、それらの開発をしてもっとお金を落としてもらうべき、という議論には賛成です。
日本には新幹線の技術を持っていながら、けっして成田から東京市内までの区間に新幹線技術を使わない。成田から渋谷まで一時間半ぐらいかかり、さらに溝の国当たりのホテルに到着まではまた30分ぐらいかかります。
これは新幹線技術を発明した国の交通かと疑います。
羽田は便利ですが、成田空港までの交通はあまりにも不便です。
その交通の質の向上について、記者は聞かなかったし、伊達社長も全く言及しません。交通の不便はすべての質の向上を水泡に帰しています。
『新・観光立国論』などで知られるデービッド・アトキンソン氏。彼が繰り返し訴えるのは、日本の観光産業におけるラグジュアリー分野の弱さ。観光産業をさらに上のステージに引き上げるためには、ラグジュアリー分野のイノベーターが不可欠です。
量から質、というと、サービスの質やリピート獲得のことを考えます。
スキーやゴルフを思い浮かべると、観光資源がそこにあって、「作れば儲かる」という発想になりがちだと思います。星野リゾートさんの再生エピソードを聞いていると、温泉旅館なども同じかもしれません。

「作れば儲かる」から、サービスの質の向上への転換は、悲しいかな需要が落ちたときに起きやすい。例えば、スキー人口はピーク時の4割、市場規模はピーク時の1/4と、かなり衝撃的な数字ですが、きちんとやることをやって、リバイバル世代の家族需要を取り込んで立て直したスキー場もあります。スキー場再生で有名なマックアース、GALA、日本スキー場開発が再生に入った白馬リゾート、外国人需要を見事に取り込んだニセコなど。
https://www.mlit.go.jp/common/001083645.pdf
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK3G3C30K3GUTIL00C.html

ホテルも、今は「作れば儲かる」状態だと思っていて、今から強みを明確にしていかないと生き残れなくなるのではないかと見ています。特にソフトは真似しにくいので、オペレーションの強みが重要と感じます。
数年前から京都に限り紹介制のコンシェルジュサービスを行っています。主なクライアントは海外の有名ブランドのデザイナーなど。「観光xラグジュアリー」です。
.
イビザ島でコンシェルジュサービスを運営している友人に「例えば京都でも一週間あたり数百万円から一千万円使うプランはほぼない。しかし需要は当たり前にある」とヒントをもらいました。
.
やって見るとその価格帯の需要はあるがプラン供給はかなりの手間と知識が必要です。宿泊に限らず、食事、移動、貸切観光など、確かにこれから伸びるマーケットだと感じます。
これは期待の連載。量から質は言い換えれば客数から客単価へということ。

そもそも、今はairbnbとかで廉価な価格帯に観光の裾野が広がり始めてるので、客数を追い続ける意味がどんどん薄れてきている。

日本は全体的に「リーズナブルな単価の中でレベルを上げて客数を追う」方向に偏ってこの20年間進化してきたけれど、それの揺り戻しがまず観光で起こってきていると考えると面白いですね。
私はフィリピンのリゾート地、セブ島に住んでいます。高級ホテルが立ち並び、世界中から観光客が訪れています。
住んでいて思うのは日本のポテンシャルの高さです。観光で一番重要なのは海でも山でもありません。歴史と四季とインフラと食事が重用なのです。
もし日本が本気で質を上げて行くのであればアジアで太刀打ちできる国はありません。とても楽しみになる記事でした。
楽しみな連載が始まりました。
京都を代表する観光地・嵐山で「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都」を運営。
明治時代の贅を尽くした和風建造物をしっかり生かし、景観にも十分配慮。保津川越しには嵐山の絶景が楽しめる素晴らしいホテル。和のおもてなしに国内外のお客様に大好評。

伊達社長は何度か市役所にも足を運んで頂き、懇談。その理念と力強いリーダーシップに敬意。
京都の魅力は「泊まってこそ!」。「旅の本質」を追及し、京都の奥深い魅力を体験するためには、良質な宿泊施設が重要事。伝統に輝く料理旅館などと共に新たに進出される宿泊施設が京都の観光を盛り上げて頂いてます。敬意と感謝。
確かに、最近熱海や箱根、首都圏近辺でもいい宿が少しずつ増えてきていて、無理に海外に行くよりもゆっくりステイケーションしたいという感覚もあります。この宿に泊まりたいから、この地域に行ってみたい、という消費者の需要は確実にあり、まだまだ伸び代は大きそう。
いいなと思うホテルや旅館にいきますと、外国人の方の方が多いなと感じます。

どうやってここを調べたんだろうというようなアクセスが海外から良くないところばかり。

海外の富裕層が是非とも行きたいと思えるような。海外のアマンのような施設もサービも素晴らしく日本らしいホテルをさらに多く作ってもらいたいですね。雇用も生まれますし。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。
森トラスト株式会社(もりトラスト、Mori Trust Co, Ltd.)は、東京都港区に本社を置くデベロッパーである。会長は森ビル創始者:森泰吉郎の三男:森章。かつては兄の稔が社長を務める森ビルグループであったが、父の死後の1999年(平成11年)に分離し、経営面ではそれぞれ独立することになった。 ウィキペディア

業績