新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

157Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
タバコ業界の中でもフィリップ・モリスに興味を抱くのは、「将来的にこの会社は“たばこ会社”から脱皮するのではないか」と思わせてくれるからです。

知り合いの社員の方は、上司の前で「本音ではアイコスでさえも吸ってほしくない。私はたばこゼロの世界を目指すためにフィリップ・・モリスで働いています」と言っていて、会社の懐の深さと自由さに驚かされました。

そもそもアイコスは、喫煙者の健康リスクを低減する目的で開発されています。しかし、喫煙者の中にはアイコスを経て禁煙に向かうユーザーも現れるはずで、そうなるとフィリップ・モリスは食い扶持を失ってしまうことになります。

今回のインタビューでカランザポラスCEOに伺いたかったのは「アイコス後の世界」の展望でした。仮に「たばこゼロ」の世界が実現した時、フィリップ・モリスはどう生き残るのかーー。疑問を率直にぶつけました。
日本だとIQOSが絶好調に見えるが、世界ではそうではないというのが興味深い。そして改めて規制が多い産業だと分かるし、セグメントも細かく分かれている印象。
そして財として、たばこは習慣化が効く。ブランドを変えることもあるだろうが、基本的には「このブランドを吸う」というのがある程度固定化されやすい。だからこそ、黎明期にマーケティングコストを割いて認知を得ること、他の電子タバコにスイッチされないようにすることが重要なのだと、マーケティングコストの話からも伺える。

一方でポジショントークも少なくないとも思う。IQOSの利益率に関しては、税金も関わる。税率が低くて同じ単価で売っているような日本であれば、先行的なコストはかかっていても、限界利益率ははるかに高いはず。
https://newspicks.com/news/2616433
たばこ市場に疎いので以下の数字は驚きでした。
想像とだいぶ違った。

・世界にまだ10億人もの喫煙者がいる、世界人口の8分の1以上が喫煙者。
・アイコスは現在、同社の売り上げの4%しか占めていない。
・今、世界にアイコスユーザーは400万人いて、うち300万人が日本人である。
アイコスユーザーにケンコス(水素吸引器)を勧めたところ、先月から完全に切り替えました。
その人にアイコスを勧めたのが1年前だったので、タバコ→アイコス→ケンコスというステップでニコチン中毒から脱することに成功し、健康になったと喜んでくれています。

今後フィリップモリスがどのような吸引デバイスを開発してくれるか楽しみです。
ビフィズス菌や乳酸菌を吸引し腸内環境が整えられるものを期待しています。
確かにシンガポールで吸ってる人見たことない!日本帰るとまわりの喫煙者の半分くらいIQOSかなくらいの肌感覚なのにね
世界のアイコスユーザーの3/4が日本人とはw そしてニコチン以外を吸入するデバイス開発にシフトしているとのこと。
また、これは納得。>日本は世界的に見て、喫煙環境が特異な国で、そこにアイコスがはまったのだと思います。日本では、各自治体の条例などで屋外での喫煙が規制されています。一方で、屋内では喫煙ができる場所が多い。喫煙環境が海外と比べると全く逆なんです。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー