新着Pick
503Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
予備校で地理を教える身として、思うところを述べます。


『詳説世界史』(山川出版社)にある記述です。

「スカンディナヴィア半島やユトランド半島には、ゲルマン人の一派(北ゲルマン)に属するノルマン人が住んでいた。(略)、ヴァイキングとして恐れられた彼らは、細長く底の浅いヴァイキング船にのり、河川を遡って内陸深く侵入した」

「バイキング」という単語からスウェーデンやノルウェー、デンマークは連想できたはずで、消去法でムーミンがフィンランドのアニメと分かります。
高等学校では世界史が必修であり、全ての受験生の条件は同じ。
そもそも「思考する」ということは、「様々な知識を用いて行うもの」です。

だから、「思考力を養成する!」などと大義名分を掲げ、知識の集積を怠った受験生に問題があります。

言語に関しては、ノルウェー語とスウェーデン語は、インド=ヨーロッパ語族ゲルマン語派の言語です。

「こんにちは」は、英語で「Good morning」、ドイツ語で「Guten morgen」、この、「どことなく、似ている」ということを利用します。

スウェーデン語で「Vad kostar det?」と表記されています。
与えられた選択肢は、「Hva lpster det?」、「Paljonko se maksaa?」の二つ。

明らかに、前者が「Vad kostar det?」に似ていますので、「Hva lpster det?」がノルウェー語と考えます。
よって、「Paljonko se maksaa?」がフィンランド語。
またイラストにトナカイが描かれているので、これもフィンランドを選択するヒントとなります。

フィンランド語は、エストニア語とマジャール語とともに、ウラル語族に属する言語です。
この知識は、地理学習において基礎中の基礎です。

本問題は、まさしく「思考力を問う問題」で良問だったと思います。

自分の無知を棚に上げて解答出来なかったことを、人のせい、いやムーミンのせいにするなどもってのほかであって、自分で勝手に「地理とはこういうもんだ!」と決めつけて、そうではないから怒り狂うなど、話になりません。

逆に、高校現場ではいったい何を教えているのか?と疑問に思った次第です。
こういった問題も、大学入試ではたまにはあります。

かつて、早稲田大学の入試問題で「金印を拾ったのは誰?」という問題がでたそうです。
五郎兵衛さんだったか…忘れましたが、出題者のアホさ加減と不真面目さが如実に出ています。

2月1日から本格化する東京の中学入試問題を見てみましょう。
いかに真剣に問題が作成されているかがわかります。
また、翌日に合格発表をする神業にも驚きます。

まあ、大学入試のいいかげんさは、大学教員の温ま体質。
1年契約にして、どんどん新陳代謝していかないと質の向上は見込めません。
なるほど。

この問題はフィンランド人、即ちラップ人がアジアから移動して来たウラル・アルタイ語族であることを知っていれば解ける問題だったわけですね。

一方、スウェーデン、ノルウェーはデンマークと同じインド・ヨーロッパ語族。
スカンジナビア半島はよく北欧三国という形で一緒にされますが、歴史的に見ればカルマル同盟のように、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンが同じ系統の民族、歴史を持ち、フィンランドだけ別です。

こうしてみると、なかなか地理にふさわしい問題ですね。

このことと、ヒントになっている言葉を結びつけるとムーミンを知らなくても(というより知らない方が)正解を導き出せる訳です。

因みにもう一つのアニメとして出ている「小さなバイキングビッケ」は、一見バイキングということで、ノルウェーのように見えますが、引っ掛けでスウェーデンのおはなしです。

もしこの問題が、フィンランドではなくノルウェーを選ばせる問題だったら、阿鼻叫喚の地獄絵図になっていたことでしょう。(北欧はノルウェーだけでなく、全てバイキングの歴史がありますので)

因みにこうして偉そうに解説している私自身、自分の受験の時は、ムガル帝国皇帝ババードゥルシャーの流刑地はどこかという早稲田の鬼畜問題で玉砕した経験があります。
(正解は ミャンマーのヤンゴン)

受験生の皆さん、めげずに頑張ってくださいね。
北欧とスカンディナビアの違い。

スウェーデン人とノルウェー人とデンマーク人は、普通に言語的には理解しあえるそうだ。アイスランド人はこの3か国語を理解できるが、その逆はないそうだ。3か国の人にいわせると、アイスランド語は古語。ちなみにグリーンランドはデンマーク領。バイキングはアイスランドが主で、アイスランドはノルウェーだった。

この4か国の親近性に比べ、フィンランド語は全く異なり、ハンガリーのマジャール語に近いそうだ。フィンランド語の文字は4か国の言語とは違う。
例えば2年前はリカちゃん人形が大炎上していましたね。

http://matomame.jp/user/yonepo665/da853f1f5335607df770

サービス問題と見せかけて、微妙に今の高校生が分からないような題材を出して本質を問うところがなんとも憎いところです。

でも、妖怪ウォッチや君の名はを始めとして、旬の問題もちゃんと取り上げられている印象です。

https://gigazine.net/amp/20170114-center-youkai-watch

さて本設問については、ノルウェーとスウェーデンとフィンランドの位置関係、スカンディナビア三国とフィンランド(フィンランドだけ言語グループが違う)、バイキングといえばノルマン人のノルウェー、などが理解できていれば例えムーミンを知らなくても解ける問題です。

http://norwayyumenet.noor.jp/hp/norsk/spoersmaal01.htm

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

ムーミンカフェでデートしたことあるのに本設問を間違えた高校生カップルは、きっと相当悔しがっていることでしょう。

尚、原文の問題はこちらに紹介されてました。

https://gigazine.net/news/20180113-center-2018-fgo-iphone-moomin/

【追記】

大山さんの投稿見て、ビッケはスウェーデンともとれるので、不適切問題となるのでは?と邪推しました(笑)

https://bungu-uranai.com/blog/12223/
ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンは、父親がスウェーデン系フィンランド人で母親がスウェーデン人であり、本人はヘルシンキ生まれのフィンランド人ではあるが、原作もスウェーデン語で描かれており、ムーミンはスウェーデン語の教材としてポピュラーなものである。ヤンソンという姓も、極めてスウェーデンらしい姓である(「ヤンソンの誘惑」というグラタンのような伝統料理もある)。

確かにムーミン谷の設定はフィンランドのどこかであり、ムーミンは既にフィンランドのアイコンではあるものの、スウェーデン人にとってはスウェーデンのものだと思っている人もいるくらいで、ポリティカルコレクトにはフィンランドが正解ではあるが、そこまで詳しく知らなければフィンランドと答えられる人がどれだけいるか。

因みにスウェーデンとフィンランドは国境を接してはいるが、スウェーデン系のフィンランド人の居住地はバルト海沿岸部であって、バイキング時代にスウェーデンやノルウェーから移住してきた人達の末裔。作曲家のシベリウスもその1人。


「小さなバイキングビッケ」も、スウェーデンの作者ルーネル・ヨンソンによるもので、バイキングがノルウェーでも盛んだったことやノルウェーサーモンのコマーシャルキャラクターにビッケが使われているとは言え、ノルウェーが舞台だと判断できる人がどれだけいるか。

トナカイの様なイラストをみてフィンランドを想起しろというのも無理な話。トナカイはノルウェースウェーデンにもいますし、北米にも広く分布しています。


ちなみにムーミンに出てくるミムラさんには様々な男性との間に子供が約20人もいて、その1人がミイ。その後、ムーミンパパの友人のヨンセンと出会い、スナフキン(原作ではスヌスムムリク)を産んでいる。

ただし、ムーミンパパの全裸にシルクハットという出で立ちに勝る衝撃はない。
「ムーミン」「ニルスのふしぎな旅」「小さなバイキングビッケ」.出題者の年代が分かる.「牧場の少女カトリ」(同じ「世界名作劇場」枠.知ってる?)は知らなくても「ムーミン」がフィンランドのトーベ・ヤンソンの書いた児童文学であることぐらいは知っておこうよ.もっとも教科書に書いていないことは知らなくても解けるようになっているのが入学試験です.「ムーミン」を知らなくても解けるようになっています.
昔,東大入試において,数学の「確率」の問題で,「『トランプ』って何ですか?」と質問した人がいたらしいが,さすがにそれは.
この問題は難しい。ただ、公式ツイッターの反応は粋に感じる。
フィンランド語はモンゴル系言語と言われておりその他北欧諸国と言語ツリーが大きく異なります。フィンランドはスウェーデン利用になっていた時代があり、スウェーデン語は今でも人口5%母国語であり公用語です。私が一緒に投資している仲間にはスウェーデン語系フィンランド人がたくさんいます。フィンランドのホテルなどレセプションがスウェーデン語を話すのを耳にします。作者トーベヤンソンはスウェーデン語系です。また、現地ではレズビアンだったことが一般的に知られています。現在ムーミンライセンスを管理している神族は素敵な方々ですね。あのオフィスに行くと働いているスタッフの強い自発的モチベーションを感じます。。。
twitterなんてやらないで早く寝ましょう。

センター試験前後でtwitterをやっている、というのはいろいろ危険ですね。医師国家試験のときは、多くの医学生がtwitterを封印していました。集中力が削がれ、勉強時間と睡眠時間が減るからです。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角文字なので半分の140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.68 兆円

業績