新着Pick

独プーマ株、急落-仏ケリングが経営権を手放す方針

Bloomberg
(Bloomberg) --ドイツのスポーツ用品メーカー、プーマの株価が12日に急落し、2001年以来最大の下げとなった。グッチやサンローランなどの高級ブランドを展開するフランスのケリングがプーマの経営権を手放すと発表したことが嫌気された。
51Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
PUMAの近年の実績を見ると、売上高はシューズ・アパレル・アクセサリーの3本柱がバランスよく伸びましたが、利益率は低水準にとどまって向上しませんでした。これが今回の決定の背景でしょう。

本件は、Keringが現在保有するPuma株86.3%のうち、70%をKering株主に分配するというもの。本件後はKeringがPUMA株の16.3%を、Keringの主要株主である Artémisが長期戦略的投資家としてPUMA株の約29%を保有することになるとのことです。逆に言えば100-16.3-29=55%程度の株が、市場で取引されることにつながります。これまで面倒を見る買い手が見つからなかったため、この形に落ちいたと推測したくなりますね。さて、今後有力な大口の株主は現れるのでしょうか。
http://www.kering.com/en/press-releases/project_to_distribute_in_kind_puma_shares_to_kering_shareholders_
株主0.56%がドイチェアセットですね。なんのファンドに入ってたんだろう?
2014年のインタビューでフランソワ・アンリ・ピノーが10年ごとにビジネスモデルを変えると答えている。2007年にプーマを買収して傘下に納め、スポーツアパレルにも参入し、拡大した。10年たった今、その役目は終えたのかもしれない。

なぜ高級ブランド企業がプーマを買収したのか
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140127/258830
グッチブランドを保有するケリングがプーマの経営権を手放すとのこと。ラグジュアリー領域の成長率が高いために、選択と集中をする判断だろうか。

ケリングがプーマを買収した時2014年の記事と合わせて読むと面白い。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140127/258830/?ST=smart

プーマ以外のスポーツブランドも買収しているので、他の経営権も手放してるのだろうか?