新着Pick
514Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
資生堂のこの事業買収は面白いですね。プレスリリースにある最近の足取りをみると、ストーリーに沿った研究開発と買収を続けているように伺えます。利益率を高める手を打ち続けられるのか、しっかり見て行きたいと感じました。
https://newspicks.com/images/humberger.de26402b.pnghttp://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002349&rt_bt=top-main_051
面白そう!一体化するという点で、一度塗ったあとにどれくらいの期間使えるのか、あと皮膚呼吸や汗をどれだけ逃せるのかなどが気になる。
http://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002349&rt_bt=top-main_051
MIT、MGHと資生堂の協業によるセカンドスキン。シワやたるみを補正するスキンケア!ぬる絆創膏もできそう。気になる気になる。商用化はいつでしょう。
化粧品は医薬部外品・医薬品の領域へと侵食していきそうです。資生堂とポーラで共同開発したしわ改善成分も医薬部外品の区分でした。
https://newspicks.com/news/2202984/

少し前からサイエンスコスメの流れがありますが、「なんちゃってサイエンス」ではなく、本当のサイエンスになっていきそうです。

【以下、過去コメントの転載】
化粧品のブランド化が進む中で、技術に裏打ちされた商品は新しい差別化として注目されているとのこと。大変面白いのは、メーカー側が打ち出したい技術は難しすぎて消費者に刺さらず、「遺伝子」「再生医療」といったなじみのあるワードが含まれていることが大切という調査結果が出ていました。さらに、大学などと共同研究している「らしい」ということが、消費者にとっては大事とのこと。サイエンス「感」をいかに出すかが大切であると結論づけられていました。さらにこうしたマーケティングの結果、サイエンスコスメに対する消費者の満足度は80%超えとのこと。

どこまでいってもマーケティングの世界なのだと思わされます。
「肌に塗るクリームやトリートメントは約90〜95%は擦れなどにより肌に浸透する前に取れてしまうことが多いが、同技術は美容成分を肌に閉じ込めることに優れている。」
色々応用が効きそうな感じだ!
これは凄いことになるやも
医療に応用できるといいですね。
株式会社資生堂(しせいどう、英語:Shiseido Company, Limited)は、化粧品の製造・販売を主な事業とする日本の企業である。化粧品の国内シェア第1位であり、世界シェアでは第5位。世界88ヶ国で事業展開し海外売上比率は5割を超える。 ウィキペディア
時価総額
2.77 兆円

業績