新着Pick
347Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
リアリティ追求しているわけじゃないから、これは不気味の谷ではない気もする。
超えられると思います。ヒューマノイドみたいな、不気味なリアルさはないし、犬の愛らしさを再現しているだけなので、ヒューマノイドとは違うと思います
ソニーのaiboを出発点として「不気味の谷」(uncanny valley)を解説した良い記事と思います.aiboに関しては「谷」に到達していないと思います.
私が興味があるのは,日本人と欧米人の間で傾向に違いが見られるのかということ.どなたかご存知の方がいれば教えてください.
まだ今回は犬だからよいものの、犬であっても一部ではすでに不気味の谷を感じる人も自分の周りには相応数います。
試金石になるか、それとも所詮は高級トイの範疇で狭いセグメントにウケて終わるか、それを糧に応用モデルに進むかマーケットの反応を定着度合いも含めてみていきたいですね。
私は実際に旧aiboを保有していたが3日で飽きた。子供見向きもしなくなって倉庫行き。プラスティックの頭を撫でることで、本当に心の安らぎを感じるとは思わない。また、学習するとか慣れるとかいうが、何がどう変わるのかわからない。

ロボットは所詮冷たい機械の塊で、愛くるしくならない。ロボットは人が嫌がることをやったり、人ができないことをやるのが正しい方向だろう。SONYは方向性を誤っている。アニメやARの世界は、世界観そのものにのめり込むため、偶像化された人物との関係性は成立するだろうが、単なるギミックはやがて消えると思う。
初期のaiboは、安定化のために6本足にしたのだけど、どうみても動きがゴ○○○にしかみえないので頑張って4本足にしたという逸話が残っています。
「そもそも我々人類の多くは、有史以前の古代から自然や超自然的なものに対し、畏怖や畏敬の念を抱いてきた。」(記事引用)

私たちは自分たちが意識していることについて十分に理解できていないと思う。それは広大な無意識の領域のメカニズム(というよりダイナミズム)がわからないからだ。その部分を洞察せずに、脳生理学で何を「不気味」ととらえるかを分析しようとしても、「群盲像をなでる」に等しいのではないか。むしろ、遠回りでも、世界中の神話や伝承を徹底してアーカイブ化し、神話の語り(や図像)から人類の進化史を読み解いた方が、全体観のあるクリエイティブな「何か」を見つけられる可能性がある。
人間のアンドロイドとかじゃないから大丈夫では?
「不気味の谷」の一つの要因は自分のポジションが危ぶまれる感情にあるのかもしれない。幸いイヌに対しての「不気味の谷」は低い。しかし、反対に、故障という名の病気はあれど、散歩の手間や排泄、食事、去勢、妊娠という、「生物」としての機能を介在しないものへの「愛情」が「生物」よりも「AI」のほうが面倒なく愛せるという感情シフトだ。恋愛よりも風俗、いや風俗すら必要としない人が増えているのだから…愛情表現は、ますます自分勝手になりやすくなりそうだ…。
最初からそんなものは無いよ。

業績