新着Pick
482Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
同じ仕事でも目線の高さで見えるものは変わってくる。高くするのはちょっと面倒で疲れるけど、見晴らしが良くなれば、多くの世界が見渡せるよ〜。
亀山さんは仕事の楽しさとそれが持つ仕事の厳しさの両面をとてもうまく言語化されていますね。さすがですo(^o^)o

ちょっと見方を変えてみましょうか?

どこかにも書きましたが仕事とは「頼まれごと」の重層的な応酬です。だからいまのあなたにはいまのあなたにふさわしい「頼まれごと」がやってくる。いまつまんない仕事しかやって来ないのはいまのあなたがそれにふさわしいからです。いま面白い仕事が来ているのならばいまのあなたがそれにふさわしいからです。

もちろん仕事を無理矢理に「好き好き♥」と思う必要なんてありませんよ。好きであれ嫌いであれそれはいまのあなたにふさわしいんだから。しかし。「いま来ている頼まれごと」を120%やっておけば次の「頼まれごと」がやってくるかもしれない。そしてそれはもっと面白い「頼まれごと」かもしれない。だからそれには備えてはおきたいなと・・わたしはそんなふうには思ってる。拍子抜けするほど淡々としたもんです。わたしにキャリア相談するとがっかりしますよ。

「頼まれごと」が来たらにっこり笑ってそれを引き受ける。仏頂面していつも誰かを叱りつけたり批判したりしてたら誰もあなたに「頼まれごと」を持ってきたりしませんよ。そして。自分からも同僚や上司ににっこり笑って「頼みごと」をしてみる。仏頂面していつも誰かを叱りつけたり批判したりしてたら誰もあなたの「頼まれごと」をやってくれませんよ。

せっかくあなたを見込んで来ている仕事なんです。まずはいま来ている「頼まれごと」を気持ちよく引き受けることから始めてみません?
亀山さんの優しい言葉が染みますね。

”人は何かを引き受けた分だけ、少し遅れて、何かを受け取れるもんだよ”

いつもこんな心境で仕事に向かっています。

https://www.youtube.com/watch?v=PFLT4PFDMoo
今回も名言だなあ。
よく大学生とかが「やりがいが見つからない」とかいうけど、やりがいなんてどこかに落ちているもんじゃない。
やりがいのために「自分にしかできない仕事」を見つけるのではなくて
「自分がやった仕事、成し遂げた仕事」こそがやりがいを生むんですよね
「広く浅く」「狭く深く」の論争に終止符を打つような内容ですね。このシリーズ、近いうちに書籍化されたりしないのかしら。

> 会社にとっての良い人財とは、優秀で辞めない人。だから、いくら真面目でも職を転々としてる君は、いろいろな「作業」は経験できても、重要な「仕事」は任せてもらえてないと思う。お手軽な仕事は手軽な分だけ、自分もお手軽に扱われちゃうからね。
>「誰にでも出来る仕事」っていうけど、君にしか出来ない仕事って何かな。大抵の仕事は代えのきくもんだよ。だけど、どんな仕事でも君が責任を持ったとき、いつの間にやら自分にしか出来ない仕事になってるんじゃないかな。

このあたりは、にわか複業信者には特に響くのではないでしょうか。
僕は大学2年生の時、本当にやさぐれていました。ささくれていたといった方がよいかもしれません。
人生に意味を全く感じず、何から何までネガティブシンキング。救いようのない状態でした。

そんなとき知り合いに言われた一言で世界が変わったのです。

「朝起きて、太陽が上っていることに感謝するようにしたら良いよ。そしたらどんなことにも感謝できるようになる」
そこから人生が楽しくなりました。(単純な人間です)

やりがいとは、与えられるものではなくて気付くものじゃないかなと思います。仕事においても、自分の捉え方をちょっと変えるだけで見えてくる世界は違ってくるのではないでしょうか?
本当におっしゃる通りかと思います。誰にでもできる仕事かどうかは、自分が判断するのではなく、他人サマが判断することでは。

誰にでもできると思ってやっているうちに、自分にしか出来ないと周りに思わせれば、完全勝利だと思いますし、本当に誰にでもできるけどキチンとこなす姿を見て勿体無いと上司が思えば、勿体無いので配属替えになりますし、キチンとこなしたことで、他人サマの評価も上がるし。キチンとやれれば、実はいいことづくめなのではないでしょうか。

と、僕は思います。
井の中の蛙大海を知らず

されど 空の深さを知る
仕事とは需要あっての供給。需要は潜在的であれ、顕在的であれ、なければ供給できない。その為、まずは今ある需要、目の前にある需要に対して、いかに価値を供給するか。まずは人に尽くすことから。尽くしていれば、頼られて「あなた」だからが生まれると信じている派です。
『自分にしか出来ない』事は、己の技術継承、人材育成の怠慢とは考えないのか。自己満足で世界は完結しないのだ。