新着Pick
441Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
e-paletteでAmazonと組むこともあってのAlexaの搭載だと思いますが、手が離せない運転時 (広義の自動運転じゃない時) には現時点でも音声操作はパイオニアなどの一部のカーナビで実現しているのでそれの心臓部を外部依存するだけの話かもしれませんが、手が離せる時代には音声入力はサポーティブにしかならないのでは、とも思います。
Alexaを使っている皆さんが感じていると思いますが、かなり "忖度" しながら話しかけないといけないインタフェースにどこまで人が付き合えるのか、手が離せるようになった時に次の選択肢が必要になってくるとも考えられます。
またAlexaはGoogleのように検索志向ではなく、EC誘導志向なので果たして車と相性が良いのかも気になりますね。
Carplayのような設置場所を作る感じかな。
音声アシスタントは入り口に過ぎない。膨大な後ろのサービスポートフォリオがあってこそ、素晴らしい体験に繋がる。音楽かけたり、検索したり、チャットしながら最新ニュースを教えてもらったり。だから音声やり取り技術だけあっても追随はできない。今のところ、Amazonに大きな分があり、Googleもなかなか歯がゆいでしょう。
下記のWindowsにも搭載するという記事でもコメントしたが、Alexa用に設計した半導体を色々なデバイスにばらまく形だと思う。
なんとなく、一気に攻めに来た印象。トヨタのe-Paletteへのパートナー参加含めた協業パッケージ(=バーター)の一環?
https://newspicks.com/news/2738502

Alexaが増えれば、それの処理としてAWSも使われるだろう。そしてデータもたまっていく。
トヨタの車にもアレクサ搭載との報道。トヨタの車は人工知能「結」とおしゃべりしながらドライブするものだと思っていましたが、アレクサになるのでしょうか。
東京でもフランクフルトモーターショーでもなく、CESで発表されたという事実が、時代ですね。内気なトヨタも、自動車という枠組外のCESでならヤンチャできる。来年はCESに行かなきゃなぁ、、、
どうでもいいのですが、先日知り合ったインドネシア人の名前が「アレクサ」なのだが・・・Google Homeにするしかないのかかわいそう。笑
2018年はAlexa大躍進の予感。
音声アシスタントは自然言語での会話は出来ないので、有人と無人サービスの「ハイブリッド」が現在のお勧めですね。
トヨタの多方面への提携力には、本当に感心します。

これも、トヨタブランドがなせる技なのでしょうね。
素晴らしいです!!
Alexaは他の音声アシスタントに先んじて、エコシステムを着実に広げていますからね。その点について評価が高くなったのではないでしょうか。

アメリカのYouTuberのVlogを漁ってみても結構Alexa + Raspberry Piでハックしているものを沢山見かけます。Googleも同様のAPIを備えていますが、Alexaほど自由度は高くないようです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内で「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの株式を16.48パーセント有する筆頭株主である。 ウィキペディア
時価総額
22.7 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
79.6 兆円

業績