新着Pick
161Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
自然災害の予測に資源を投入するよりも、起こることを前提に被害を最小化することに資源を投入する方が、費用対効果が高いと思います。
素晴らしい進化・取組。
そのうえで「災害」と呼ばれるまでの気象現象は、発生頻度が少ない。発生頻度が少ないものは、当たり前だがデータも少ない。それをどう補完しようとしているかが気になるところ。
記事で都市のなかでどの程度建物が老朽化してるかなどといった様々なデータを組み合わせて予測するとある。とはいえ、地震で思いもしなかった構造上の課題が出てきたりもするし、そもそも発生頻度が少ない災害に備えてどれだけコストをかけるかは現実論としてシビアな世界。
台風来るのが分かっていても、事前に避難や休業の判断ができないという問題を克服するために、ビッグデータを使って統計的な数字を突き付けるのは良いかもしれませんね。