新着Pick
The New York Times

この記事は有料会員限定の記事となります。

234Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ICOにマッチするよねこれ。
ジュール・ヴェルヌが『海底2万マイル』で海中の潜水艦国家ノーティラス号を描いて以来、SFを中心に様々な海の独立小国家が描かれてきました(かわぐちかいじの『沈黙の艦隊』はその翻案といえます)。近代国家は大多数の人間を「国民」にすることによって、人類史上かつてない強大な力を手にしましたが、同時にそれは多くの人々に不自由と不利益を強いるものでした。
近代を通して、代替となる国家は様々に考案されてきました。現在も、爵位の通信販売を売り物にしているシーランド公国というのがありますが、そういう遊び心の産物のようなものから、イスラエル建国のように数百万の人々の生死をかけた試みまであります。
国家のしがらみから離れて活動するために、マルタ騎士団や救世軍、赤十字・赤新月社のような医療組織・NGOは、準国家のような地位を得ているし、多くのNGOは、国家の境界を越えた活動を展開するために、国際機関や各国政府、企業との連携が不可欠です。

このポリネシアでの試みは、ポリネシアの主権下にあることになるようですが、特区を設立して、少なくとも独自のリバタリアン的な統治ルールを導入しようとするもののようです。遊び心と国家のしがらみからの離脱の中間にあるように見えます。
近代国家の力の源泉は、結局軍事力を独占しているということにあります。そこに対抗できなければ、結局は国家から自由であるということにはなりません。もっとも、企業やNGOがそうしているように、ギブ・アンド・テイクと妥協の上に、独自のルールを施行する特区というのは実際にありえます。
リバタリアンは自由な経済活動を構想しますが、国家という場に行き場のない人たちは世界中に何千万といます。とりわけ、難民と呼ばれる人たちの間で多くいます。そういう人たちも生きていける場所になるような、新しい仕組みがつくりだされるのを見たいと思います。
「土地がなければ対立も生まれない」
既成概念を取っ払った考え方で興味深いです。歴史を見ても土地の支配を巡る争いは絶えることがありません。

「非常に多様な人々のための非常に多様な政府をつくることができる」
とはいえ、多様な人々が暮らす社会をコントロールする事は容易ではないかなと。コントロールするという考え方自体が不要なのかも知れませんが。

海上都市。実現するのか注目したいです。
ピーター・ティールなら、通貨も市民権もブロックチェーンで政府機能が一切必要ないエリートのリバータリアンの楽園のような海上施設を作ってしまいそう。
「土地がなければ対立も生まれない、という考えだ。」

→「国家=通貨」という方程式が仮想通貨によって古くなったように、「国家=領土」も古い考えになるのでしょうか。
昔、金持ちたちがモナコみたいな国をもっと自分たちの理想に近づけて海の上に作るんじゃないかなって妄想してましたが、アメリカの起業家は本当にそういう妄想で終わりそうなことをやってのけますよね。
次は中国の起業家たちもそこに仲間入りする感じでしょうか。
それこそインドネシアあたりの群島の一部を買い取ってそこをペースに新国家作る、とか面白そうです。
10年後には海上都市、宇宙都市に移住する人が出てきそう。
これくらい壮大な計画を描けるようになりたい。
海面上昇も想定される未来には必要な技術のような気もしますが津波リスクには対処できるのでしょうか?
「国家」の概念(とは言え、もともと近代国家の歴史はそんなに長くないですが…)が薄らいできている昨今、あり得ますね〜
この連載について
日本が右肩下がりで衰退していった「平成」が終わろうとしている。もはや「昭和モデル」「平成モデル」にとらわれてはいけない。では、「ポスト平成」はどんな時代になるのだろうか。人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界の視点から100人の智者が、2018年以降の未来を予測する。