新着Pick
609Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
需要サイドからすればこれが理想ですね。まったく同じ体型の人が同じ服を着ても違う感じになるのがファッション。大半の人は自分の体を採寸したりインフルエンサーの動画を見たりするほどファッションに大きな関心はなく、それでもいい感じに似合う服が着たいもの。試着は服を買う過程での苦痛ポイント。選びたくない、出かけたくない、試着したくない民(私)にとっては、スマホで履歴からオススメの服がレコメンドされて、スマホで「試着」ができて、そのまま購入またはレンタルできれば最強。
こういうの、サイネージ業界で結構前から使われていますがね。遅くともデジタルサイネージジャパン2013年には登場してます。何の特許なのかな。
http://ichiyanakamura.blogspot.jp/2013/10/2013.html
論文もプログラムコードも公開された2次元画像からのモーションキャプチャも去年発表されたからかな.動きが早い
Realtime Multi-Person 2D Human Pose Estimation using Part Affinity Fields, CVPR 2017 Oral
https://www.youtube.com/watch?v=pW6nZXeWlGM
ゾゾスーツといい、急にファッションテック(造語)が進んでいる印象を受けます。やはり有力プレイヤーの存在は大きいのでしょうか。

ドラえもんの世界。
私の場合、着心地とかサイズの微妙な違いのために試着するので、あまり関係がないようです。

無頓着なもので…色合いとかは適当にサッサと決めてます^^;
中村伊知哉さんご指摘の通り、デジタルサイネージの世界ではとっくに実用化済みの技術ですね。ゾゾスーツとは比べるべくもないです。
服を着なくても自分にあったシルエットがわかる。実店舗でもECでもこれが当たり前になってくる前に、実店舗はより早く役割を変えていかないと危険だなと改めて感じますね。
Amazonがファッションに真剣に取り組んでいることは疑いのないことですが、技術で解決できる課題(サイズ、フィット、デザイン、組み合わせ、など)も多いだけに、大いに期待ですね。リアル店舗にあってもいいかなとも思いますが、実際は自宅で使うイメージなのでしょうね。
いずれ、自分の体型等を登録しておけば、次から次へとおすすめのファッションが送られてくるようになるのでしょう。でも、皆が自己にあったファッションをするようになると、ファッションに興味をなくすのではないでしょうか。
ZOZO Suit がアナログの至高で、Amazon Eco Look Mirror? がデジタルの最先端かも。

試着ミラーにはいくつか問題点があって、ハーフミラーの後ろにモニターを設置するため、カメラは右端や左端などの縁に設置するしかない。そうすると、カメラと視点の位置が光線の直線上に来ない。

なので、カメラが撮影した映像は、通常の鏡とは違った視点になってしまうため、違和感のある映像になってしまう。

プロジェクタをカメラと同じ場所に設置して、洋服の映像を人に投影するこのシステムでは、その不都合が解消されてる。というのは、人に投影された映像はハーフミラーの反射を利用して視界に入ってくるから、視点から見た映像になっている。

さらに背景も、顔と目の位置をトラッキングして、その視点で見た3DCGか360度動画をディスプレイから投影するため、これも視点の齟齬がない。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。一部の地域でネットスーパー(Amazonフレッシュ)事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
92.2 兆円

業績