新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

405Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
毎年恒例の新年を占うを寄稿。

現状10年の時間軸で見ると、インターネットという技術体系をベースに、AI、ブロックチェーン、IoTといった新技術体系が急速に勃興する非常に歴史的転換点にあると思っている。大きく社会が変わる、大きな事業機会が眼前に広がる、非常にエクサイティングなタイミングだ。

一方で、1、2年の短期の時間軸でみると、インターネットは残り香、新技術体系は基礎技術としては完成しつつあるものの、アプリケーション先となる市場の課題を模索している若干端境にあるともいえる。

この大航海時代、第四次産業革命ともいえる転換点において、起業家/事業家としても、投資家としても、大きなトレンド感を見失わないようにしながら、市場の課題からの逆引きで新技術のアプリケーション先を、打席数を稼ぎながら模索することが重要。
AIが身近になってきたからこそ、AIビジネスのチャンスの見出し方を、これだけシンプルにまとめてくれた高宮さんの考察は、どの企業にとっても、ありがたい。

”AIビジネスで必要になるのは「どういうデータを持っていったら、どういう形でマッチング品質が上がるのか」という逆引きの発想”

マッチングに焦点が絞られたとたんに、キャッシュポイントが見えやすくなる。
恒例の高宮さんの将来見通し記事。幅広く大きな視点で見ており参考になるが、個人的に面白いと思ったのはVCの進化の話で、VC側の負担で専門家を雇いベンチャーを直接支援するという動き。
これは見方を変えると、専門家を雇う金と信用がないベンチャーが集まって給与単価の高い専門家をシェアしているという見方もできるし、専門家側から見ても1社に飛び込むには覚悟と決断が必要だが、多くのベンチャーを支援する立場なら、ということで転職する人もいそう。また、金の流れで見るとベンチャーは1銭も払っておらず、VCが調達した金が原資だし、もっと言えば一握りの成功するベンチャーの値上がり益をみんなで分配しているということ。これも「エコシステム」のひとつだなあ、と感じました
最近読んだ記事の中で一番響きました。ありがとうNP!
まさにここが肝心、、、プリファードもパークシャーもメルカリも、何だかんだいって東海岸企業の規模感からいえばまだまだ小さい。データしかり、お金しかり、沢山持ってる東海岸企業を如何に「活用」して西海岸企業が力を付けて行くか、これが日本のスタートアップ加速の秘訣かと!!

「例えば、トヨタもAI技術開発のPreferred Networksに105億円出資しました。スタートアップからすると歴史的な大型出資になりますが、トヨタの1兆円の年間のR&D予算からするとさほど大きくはありません。東海岸ど真ん中の人たちはそういう規模感で動いているので、本気になって動いてくれば、西海岸で生まれた種を大きく育てることも可能です。」
"単純に動画メディアが来るというよりは、メディアがいかにコミュニティ化をしてエンゲージメントを高めるか、という話の中で、動画がエンゲージメントを高めるツールとして組み込まれていくイメージです。"
まだ動画のマネタイズは視界不良です。勝ちパターンが見えていないと言ってもいいでしょう。だからこそ「残り香」という表現になっていると思います。しかし、メディアにとって1番大事なものは変わりません。それはやはり、ユーザーとのエンゲージメントです。深く繋がっていれば、高宮さんの指摘されている通り、"マネタイズ手法は色々と試せばいいので、ビジネスは後からついてきます。"ここに持っていけます。
「バリューアッド」という発想がシリコンバレーには既にあるのですね。これは起業家にとっても組むVCを選択する理由になる。単に「スケールは?」「競争優位は?」と問えばいいVCとの差別化になりそうです。

自分が起業家から投資家に変化していくイメージはまだ無いけど、テラスマイル の次に起業するような事が次あれば、全体像が見えているだけに余裕持てるし、事業継承などとのシナジーも出そうな気がしてます。
ベンチャーやテクノロジーについて、動向・変化が網羅的にまとまっていて、是非読んで頂きたい記事。

キーは、ベンチャー自体が規模が大きくなってきていることだと思う。
規模は、社会への影響、資金、人財、様々な面がある。いずれも大きくなってきているから、できることも増えるし、やらなくてはいけないことも増える。

その代表格が、「ちゃんとした経営」だと思う。まさしく記事にある「起業家から経営者に」、「起業から企業への脱皮」という言葉そのもの。
ベンチャーだからといって許されるわけではないことが増えている。そして、資金が増えているから、成長も以前より早い。だからこそ、問題も次から次へと発生してくるし、そこへの対処について経験値・知が求められる。
VCが資金だけでなく「何をしてくれるのか」が求められるようになったこと、また西海岸と東海岸の融合はオープンイノベーションだけでなくリスクマネジメントや渉外折衝も含めたところで求められると思う。

ベンチャーの成長スピードは重要。ただ一定の規模となった時に、リスクが顕在化すれば、一気に成長が殺される。
成長スピードを維持しながら、リスクマネジメント(リスクを抑えつつ、でもちゃんとリスクを取ること)が一層求められる。
そして、そこの経験値・知を集中的にためた人財が、フェーズごとにシリアルアントレプレナーやVC、経営チーム(トップではないが、トップをリスクや経営でサポートできる)で重宝されていくのだと思う。
AIビジネスについて書かれている部分は、非常に学びが多かったです。
①データから逆算して考える=どんなデータが蓄積すれば優位性が生まれるかを考える
※プラットフォーマーのデータが役にたつとは限らない
②データサイエンティストの組織内の立ち位置を明確化して、ビジネス側との議論が生まれる環境をつくる

そして大切なのは、AIでも動画でも、エンゲージメントを高めるツールであるという認識を持つこと。全てあくまで手段で、顧客・コミュニティ価値にフォーカスすること。
マクロな観点はかなり同意です。
中国やアメリカに比べると、西海岸側が相対的に弱いので、日本独自の組み方が必要になってくると思います。

VCがベンチャーのプロットフォームになりつつあるのも世界共通で、先日個人的に投資をしている会社がセコイアの投資を受けることになったのですが、セコイアは基本20%以上持てる所しかアーリーで投資しなくなってきており、
・ファンドサイズの拡大(金余りも影響)のために貼れるところは大きくはる
・財務や法務、HRなどのコーポレートファンクションをはじめ、結局投資以外の固定費や時間もかけるのであれば、数よりも決めたところに深くはる方が効率的
というのがみて取れます。
この連載について
日本が右肩下がりで衰退していった「平成」が終わろうとしている。もはや「昭和モデル」「平成モデル」にとらわれてはいけない。では、「ポスト平成」はどんな時代になるのだろうか。人間・仕事、テクノロジー、経営、日本、世界の視点から100人の智者が、2018年以降の未来を予測する。