新着Pick
16Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「民放は構造不況」という結論は理解できますが、そこに至る3つ理由がピンとこないです。
理由1が、テレビはスマホを使いながら見るので、見られていることにならない。
理由2が、テレビ局にはパワーがなくなっているので、新しい番組を育てることができない。
理由3は、アマゾンがプライムビデオで広告を流すようになったら、ターゲティングなどアドテクを使えるようになるので、テレビ広告費は減る。
間違ってはいないと思いますが、なんか理由が表面的というか、テレビをdisるために作文したという印象を感じてしまいます。ダイヤモンドは定期的に「テレビは死んだ」記事を掲載しますが、年初の恒例の行事として一応出しときましたみたいな(笑)。

あと「インターネット広告市場は伸びていない。市場規模は今でもテレビの半分以下である。」は間違いです。2016年のインターネット広告費は、テレビの70%を超えています。早ければ2020年に逆転すると言われてます。
株式会社フジテレビジョン(Fuji Television Network, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とするテレビジョン放送の特定地上基幹放送事業者。また、フジテレビONE・フジテレビTWO・フジテレビNEXTの衛星一般放送を行う衛星一般放送事業者でもある。産経新聞や扶桑社などとともにフジサンケイグループに属する。 ウィキペディア