新着Pick
374Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
サントリーには本当にBOSSがいました。
ボスに携わり続けて17年。
飲んだ缶は数えきれないほど。

きっと厳しい方であろうと予想して実際にお会いすると、
意外にも関西弁で、饒舌かつ丁寧にお話くださる方でした。

マーケッターとして、日本人の本音と向き合ってきた話、面白いです。
今日から3日間レポートします。ぜひご一読ください。

※操作ミスで消してしまったので、再投稿。
マーケター必読。1本あたり、わずか130円の缶コーヒー。そこには大量の広告費をつかったマーケティングの戦いがあり、数百万本を生産するための製造ノウハウがあり、そしてデザインやパッケージの勝負がある。

サントリーの缶コーヒー「BOSS」について、15年以上にわたり270種類の企画にたずさわってきたキーマンに、この熾烈な缶コーヒー市場の戦いの舞台裏を語ってもらいました。

いまやコーヒーは、コンビニコーヒーあり、スタバ有り、サードウェーブ有りの成熟市場。これからどう進化するか、というところまで、前3回の物語でご紹介します。ぜひご一読を!
"「マーケティングの教科書」との戦いです。つまりマーケティングの定石とは、真逆のことばかりやってきました。"
教科書との戦いはホント大事だな、と感じます。かといって定石を外しすぎると信じられない失敗もするのですが。教科書に載っていることを知った上で外す事と従うことのバランスを取ることが重要です。当たり前か笑笑。
大変面白い。関連して、当社は以前ポッカに投資しており、微糖の缶コーヒーについて興味深いインサイトがあった。社内にマーケティングのケースとして共有されているのだが、一般的に微糖は甘みを抑えた味のコーヒーだと認識されているが、消費者は味で微糖を選んでおらず、健康で選んでいるので、微糖は甘みを抑えない方が顧客満足度が高いのだ。
缶コーヒーへのこだわりの深さ、大変興味深いです。

私にとってBOSSと言うと、生前の父の姿を思い出します。実家は生鮮食料品店、まあ八百屋をやっていたのですが、販売店向けに配られたBOSSのジャンパーを着て仕事をしていた姿です。店にいるときも、市場に行くときも、かなり着ていた印象があります。
1990年代後半から2000年代初頭は、サントリーの酒類で売れてるものがあまりなくて、本当、飲料営業が羨ましかった。

BOSSの守破離は、マーケティングの逆に基本かも
この記事は会社のマーケやプロダクト作りをしている人全てに読ませたい。
良い訳者に中国語化をしてもらおう。

ポイントは、マーケティングの教科書との戦いというより、「理解の深さ」の追求ですね。
結局ロゴひとつ取っても、「何がユーザーが認識してるロゴか」なんだと思います。Bossの場合、もうコーヒーとパイプで十分ユーザーに認識されるレベルなので、顔があるかないかとか、上半身がハンドルを握ってるとかロゴではなく装飾なんだと思います。だから大胆に変えても良い。

インターネット業界はまだまだ若いので、歴史のある産業で深さを追求して仕事をされてる方の記事を読むと本当に勉強になります。
コンビニの100円ドリップコーヒーの登場でどうなったか気になります。
農業現場でも缶コーヒーは箱買いして野菜と一緒に保冷庫に入れておき、だれかフラッと来たら「飲みな」っていって10分ぐらい立ち話するアイテムです。
あと消防団でも出動後には必ず1缶飲んでからお疲れ様で解散です。
しかし、流石に40代になるとあの口に残る感じが苦手になりました。暑くて疲れているときはいいんですけどね。
デザインで味が変わる、ブラックコーヒーが実は一番薄味である。

常識に囚われない発想が成功しているのは、マーケティングに答えがないことを示してますね。

いつもギャップを感じるのがプロダクト開発の醍醐味なので共感します。

常に逆の手立てをストックとして用意することを、より意識しました。
ボスといえばボスジャンでいいデザインのものが多い。
缶コーヒーに期待していないので、デザインで選ぶことが多いです。

濃いブラックコーヒーは売れていないというのも裏側っぽくてよかったです。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
サントリー (Suntory) は、大阪市北区に本社を置く、日本の洋酒、ビール、清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。 ウィキペディア