新着Pick
3Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
7~9月のGDP改定値。民間設備投資と民間在庫変動が上方修正され、それぞれGDPを0.2%ずつ押し上げる形となった。

民間企業設備の上方修正は先に発表された法人企業統計の物足りない結果(製造業の設備投資が対前期比で+0.5%、全体で+1.0%)からは意外な気がしたが、1次速報値の段階でかなり厳しめにみていたということなのだろう。
一方の民間在庫変動の上方修正は悪材料。このところ鉱工業指数でも在庫の積み上がりが観察されており、在庫率の上昇が続くようならば今後の生産に与える悪影響が懸念される。